橋本大輝の出身小学校や中学校は?過去の体操クラブや兄についても調査!

体操
Pocket

17歳の高校生、橋本大輝選手が体操種目別選手権大会で、世界選手権代表入りを果たしました。

2013年に大会に出場した白井健三選手以来の高校生での代表入りということでにわかに注目をあびています。

まだ高校生の橋本大輝さん、どんな選手なんでしょう?

気になったので橋本大輝選手の出身小学校や中学校、過去の体操クラブや兄について調べてみました。

まず世界選手権大会の選考会での橋本選手の活躍についてチエックしていきます。

スポンサーリンク

選考会での橋本大輝の活躍

高校3年生の橋本大輝(17=千葉・市船橋高)が、男子史上2人目の高校生での体操世界選手権(10月、ドイツ)代表入りを決めています。

この日はあん馬で3位。4月の全日本選手権、5月のNHK杯に続く最終選考会で、残り2人となっていた選考条件を満たし、13年の白井健三以来となる快挙となりました。

内村、白井らリオ五輪団体金メダル組が落選する中、スタミナ抜群で安定感が武器の新世代が登場となりました。

男子は他に神本雄也(24)、女子は松村朱里(18)が初代表入りしています。

今大会で橋本選手は得意のあん馬の決勝で、つま先まで伸びた美しい開脚旋回を披露し、着地もまとめて14・400点マークして3位に入りました。

前日の予選では高さのある跳躍で跳馬の大技「ロペス」を決め、15・000点をマークして日本代表の戦力になると高く評価されたようです。

この日のあん馬でも、前の演技者に失敗が続く中、E難度も技を重ね、出来栄えのEスコアはトップでした。

失敗の少ない安定感は、10月のドイツで行われる世界選手権でも戦力になるといわれています。

橋本選手は代表入りを「ゴールではなくスタートライン」と話しています。

あん馬や鉄棒でさらに高難度の技にも取り組んでいて、伸びしろも大きいと期待されています。

つづいて橋本選手の実力や評価についてみていきます。

スポンサーリンク

部活監督の橋本選手への評価は?

現役高校生で世界選手権代表入りを決めた橋本選手ですが、部活の監督にはどのように映ったのでしょう。

市立船橋高校の大竹秀一監督によると「練習の虫で、常に全力投球」と評する橋本選手で、人一倍の努力と集中で、高度な動きを身につけたそうです。

中学校までは練習器具も決して潤沢ではない体操クラブに所属していたそうです。

ところが高校入学後に、急成長を遂げました。

中学まで世代別代表にもなっていませんでしたが、体操部大竹監督は「身体能力が光るものがあった。体力は『無限君』。1回の練習で何度も試技できる体力、やれるまで粘れる精神力に目を見張った。

いま使う技の90%はこの2年で習得している。」とコメントされています。

橋本選手の急成長には高い身体能力と強い精神力があったようですね。

つづいて橋本選手が日本代表を目標にしたのは何故なのかみていきます。

スポンサーリンク

橋本選手が日本代表を目標にしたのは?

橋本選手が日本代表を目標に努力を続けてきたのは何故なのでしょう。

実は2019年の1月にナショナル強化合宿の日本のトップが集う場で、橋本選手は水鳥男子強化本部長に今年の目標を聞かれています。

水鳥強化本部長は「安定感があり、減点されにくい演技をする。気持ちも強く、ものおじせずやってくれる」と橋本選手に期待していたようです。

橋本選手の「高校3冠です!」の宣言に、「日本代表メンバーを狙ってきてほしい」と水鳥男子強化本部長の要請があったそうです。

それが橋本選手の分岐点となったようです。

わずか半年、この日代表発表を受けて日の丸をつけたジャージーを着ることになった橋本選手。

「あまり実感がない」と初々しい顔でほほ笑んで一気に代表への階段を駆け上ってきました。

水鳥監督からの期待でさらに吸水力を増したようで、練習の積み重ねが演技の安定を支えているようです。

大会で年上の選手に交じっても堂々と演技できるのは、日々厳しい練習を重ねてきたという自信に裏打ちされたものだったんですね。

橋本選手が練習の虫で努力家であることがわかりましたが才能とともに粘り強い精神力が成長の原動力となったようです。

つづいて橋本大輝選手のプロフィールについてまとめていきます。

スポンサーリンク

橋本 大輝のプロフィール

 橋本 大輝(はしもと だいき)

 生年月日 2001年8月7日(17歳)
 身長 164cm  
 体重   54kg
 出身地 千葉県成田市
   高校  千葉県船橋市立船橋高等学校

橋本選手は現在17歳の高校生です。

3人兄弟の末っ子で兄が二人います。

橋本選手は千葉・市船橋高では18年高校総体個人総合優勝を果たしました。

あこがれは田中佑典です。

「小4で初めてテレビで見てきれいだと思ったから」だそうです。

種目別ではあん馬、跳馬、鉄棒を得意としていて世界の舞台を本格的に意識し始めたのは、今年1月だそうです。

水鳥男子強化本部長に「日本代表メンバーを目指してほしい」と期待の言葉をかけられたのがきっかけになったようです。

大きな目標を掲げて練習に邁進する日々が代表入りという世界への切符を手にすることになりました。

まだ高校生の橋本選手には世界で戦える逸材として大きな注目が集まっています。

つづいて橋本選手がいつからどこの教室で体操を始めたのかチェックしてみました。

スポンサーリンク

橋本選手が体操を始めたのはいつ?所属クラブは?

橋本大輝選手は3人兄弟の末っ子で6歳の頃から兄の影響もあって体操を始めています。

体操教室は、佐原ジュニア体操クラブに入会しています。

佐原ジュニア体操クラブは練習器具もそれほど整っていなかったようですが、中学に入るまでこちらのクラブで

練習に励んだようです。

母の祥子さんのすすめもあって体操を始めたのですが、最初は気がすすまなくて嫌々練習をしていましたが、技を習得するに連れて楽しさを感じ始めたようです。

体操の練習を始めたきっかけはお兄さんが体操をしていたからだそうですが、最初やる気がなくても練習を重ねることでこんなにも上達できるというのは素晴らしいですね。

やはり根気よく一つのことに打ち込むことが大きな成果につながるんですね。

つづいて橋本選手の出身小学校や中学校について調べてみました。

スポンサーリンク

出身小学校や中学校は?

橋本大輝選手の出身小学校を調べてみましたが、はっきりとした情報はでてきませんでした。

橋本選手が佐原中学校出身ということが判明していますので同じ香取市内の小学校の出身ではないかと思われます。

こちらについては確かな情報が入り次第追記していきます。

橋本選手の兄も体操選手!

橋本大輝選手には二人の兄がいるのですが、ふたりとも現役の体操選手です。

一番上の兄は、橋本拓哉さんで、東海大学大学院1年生です。

二番目の兄は、橋本健吾さんで、東海大学3年生です。

こちらが二人のお兄さんの画像になります。

右側が高橋健吾さん、左側が高橋拓哉さん

橋本選手には二人もお兄さんがいて一緒に体操競技で競えるというのは厳しい面もありますが、練習も「あいつがやっているから自分も負けられない!」と闘志を燃やすきっかけになりますね。

3人兄弟だとケンカをすることもあるでしょうが、お互いにライバルであり兄弟としての絆もあるでしょうからいい影響を受けて成長できると思います。

橋本選手が厳しい練習に耐えてここまで成長できたのは兄二人がいることで大きな励みになったからでしょうね。

高校の部活監督や兄弟、他の体操選手からもいい影響を受けて急成長している橋本選手のこれからが楽しみですね!

ま と め

「橋本大輝の出身小学校や中学校は?過去の体操クラブや兄についても調査!」と題してお伝えしてきました。

弱冠17歳という橋本選手の活躍には目を見張るものがありますが、やはり普段からの練習の積み重ねが素晴らしい結果につながったようです。

身体能力に恵まれているという天性の素質に加え、長時間の練習もいとわない強い精神力が現在の橋本選手を作り上げたと言えます。

まだ高校生の橋本選手ですが、ぜひオリンピックを目標にこれからも活躍する姿を見せてほしいですね!

それでは最後までおつきあいいただきありがとうございました!

Pocket

スポンサーリンク