プロデュース101JAPAN第2回順位発表式の順位結果!生存者と脱落者まとめ!

プロデュース101 JAPAN
Pocket

プロデュース101JAPAN7話の放送ではグループバトル評価の順位結果が発表されましたね。

プロデュース101JAPAN8話ではいよいよ第2回順位発表式の順位発表が行われます。

グループバトル評価のベネフィット(ボーナスポイント)が第2回順位発表式の練習生の順位にどのような影響があったのか気になりますね。

プロデュース101JAPAN第2回順位発表式では練習生の順位発表があり生存者と脱落者に分かれます。

練習生のお別れのシーンは視聴者にとっても涙を誘うものがありつらい気持ちになりますが…

ついにこの日を迎えることになりました。

こちらではプロデュース101JAPAN第2回順位発表式の練習生の順位結果と生存者と脱落者についてまとめていきます。

まず最初にプロデュース101JAPAN第2回順位発表式の生存ラインについてチェックしていきます。

スポンサーリンク

プロデュース101JAPAN
第2回順位発表式の生存ラインは?

プロデュース101JAPAN8話では生存者と脱落者に分かれる第2回順位発表式が行われます。

プロデュース101JAPAN第1回順位発表式では97名の練習生のうち1位~60位までの練習生が生存者となり、61位以下の練習生は脱落となりました。

第1回順位発表式の後、生存した60名の練習生が10チームに分かれて各課題曲に挑むグループバトル評価でパフォーマンスを競いました。

このグループバトル評価の順位結果の得票数(ベネフィット票も含む)とオンライン投票数の合計で第2回順位発表式の順位が決まり生存者と脱落者に分かれます。

プロデュース101JAPAN第2回順位発表式の順位発表では60名の練習生のうち1位~35位の練習生が生存者となり、36位~60位の練習生が脱落となります。

練習生は順位発表式までにマッチング投票で選ばれたコンセプト評価の課題曲の練習をしていますので、生存できるのか不安でいっぱいだったとおもいます。

今回の順位発表式で見慣れた練習生の姿が見れなくなるのは残念な気がしますが、オーディション番組なので生存と脱落という厳しい結果に向き合うことになります。

つづいてグループバトル評価のベネフィット(ボーナスポイント)について振り返っていきます。

グループバトル評価のベネフィット(ボーナスポイント)は練習生の生存にも大きく影響したものとおもわれます。

[第1回順位発表式の順位結果はこちら]    ↓
プロデュース101JAPAN(プデュ日本)第1回順位発表式の順位結果!生存者と脱落者は?
スポンサーリンク

プロデュース101JAPANグループ評価の
ベネフィットの影響は?

こちらがグループバトル評価のベネフィット(ボーナスポイント)になります。

♦ 1.各グループで1位になった練習生→20,000票が加算されます。

♦ 2.個人総合1位になった練習生→50,000票が加算されます。

♦ 3.総合1位になったグループの練習生全員→100,000票が加算されます。

グループバトル評価のベネフィット(ボーナスポイント)のなかでも一番加算票が多いのはグループ(チーム)で総合1位になったチームです。

グループバトル評価の順位結果でグループ(チーム)で総合1位になったのは、RAISE THE FRAG のパフォーマンスを演じた DREAM FRAG チームです。

DREAM FRAG チームのグループバトル評価の順位

1位 川西拓実 170,419票
2位 川尻 蓮 
  100,395票
3位 キムヒチョン 
100,376票
4位 浦野秀太 
100,372票
5位 大澤駿弥 
100,371票
6位 上原潤  
100,300票

第1回順位発表式の順位発表では、川西拓実くんが3位、川尻蓮くんが1位、キムヒチョンくんが4位、大澤駿弥くんが9位、浦野秀太くんが49位という結果でした。

第2回順位発表式でもさほど順位の変動がなければ前回の順位発表式で1位~9位の練習生は生存ラインに入るとおもわれます。

前回49位の浦野秀太くんが100,000票のベネフィットで生存ラインに入れるのか気になるところです。

そのほか各グループ(チーム)内1位の練習生が20,000票のベネフィットを獲得しているので順位の変動に影響があるかもしれませんね。

<チーム内1位の練習生の獲得票数>

・佐藤隆士 20,357票(Everybody)

・北川玲斗 20,337票
                    (DDU-DU DDU-DU)

・與那城奨 20,407票(Why?)

・木全翔也 20,367票
                  (Love Me Right)

・金城碧海 20,311票(Wake up!)

・本田康祐 20,360票(RE)PLAY)

・床波志音 20,402票(if…)

・川西拓実 170,419票
                    (RAISE THE FLAG)
      (他のベネフィットも含む)

・豆原一成 20,407票(FIRE)

・寺師敬  20,336票(Happiness)

第1回順位発表式で佐藤隆士くん(56位)、寺師敬くん(55位)がベネフィット獲得で順位に変動があるのか気になりますね。

 

つづいてプロデュース101JAPAN 第2回順位発表式の順位結果についてみていきます。

プロデュース101JAPAN 第2回順位発表式の順位結果!
生存者と脱落者まとめ

こちらではプロデュース101JAPAN 8話で放送される第2回順位発表式の順位結果についてまとめていきます。

プロデュース101JAPAN第2回順位発表式までの2週間の総得票数は1,8945,494票でした。

多くの国民プロデューサーが、プロデュース101JAPANのオーディションの行方に関心を寄せているようですね。

プロデュース101JAPAN8話では第2回順位発表式の順位発表があり、1位に輝いたのは川西拓実くんでした!

川西くんは、6話での最新順位は1位でしたので、2回目の1位ということになりますね!

グループバトルのベネフィットも1位獲得の後押しになったようです。

つづいてプロデュース101JAPAN第2回順位発表式の結果、1位~35位の生存ラインに入った練習生をまとめています。
(練習生の順位のアップダウンは、6話放送時の最新順位と比較しての結果になります)

プロデュース101JAPAN第2回順位発表式
<1位~35位の生存者>まとめ

こちらが第2回順位発表式の結果、1位~35位の生存した練習生になります。

<1位~11位>

 
👑1位 川西拓実(1,149,244票)→

 2位 川尻蓮(1,074,606票)→
 3位 鶴房志恩(996,794票) 
 4位 豆原一成(962,252票) →
 5位 キム ヒチョン
                           (823,022票) ▲1

 6位 キム ユンドン
                           (807,141票) ▼1
   7位 チョン ヨンフン    →
                            (748,508票) 

 8位 大澤駿弥 (705,067票) 
 9位 河野純貴(661,099票) ▲1
  10位 安藤誠明(654,176票)▲1
  11位 大平祥生(543,768票) ▼2 

<12位~35位>

 12位 上原潤 (519,155票)10 
 13位 白岩瑠姫 (494,924票) 3
 14位 木全翔也 (477,526票) 3
 15位 本田康祐(477,362票) 2
 16位 佐藤景瑚  (464,326票) 2
 17位 與那城 奨(425,199票) ▲2
 18位 宮島優心 (414,240票) 6
 19位 床波志音 (402,418票) 2
 20位 青木聖波 (365,955票) 5

 21位 佐藤来良(364,272票)▼3 
 22位 今西正彦 (336,637票) ▼2
 23位 北川玲斗(269,711票) →
   24位 男澤直樹  
                           (231,106票) ▲1
 25位 金城碧海(229,731票) 1
 26位 磨田寛大(225,718票) ▲15
 27位 宮里龍斗志(224,857票) ▼3
 28位 岡野海斗(207,937票) 2
 29位 中本大賀(204,423票) 2
 30位 井上港人(203,852票)▼2 

 31位 小松倖真(180,413票) 2
 32位 福地 正 (176,636票) ▼5 
 33位 佐藤隆士(176,035票) 3
 34位 佐野文哉(175,673票) 3  
 35位 浦野秀太(164,879票) 22

*デビュー圏内の練習生の順位にはそれほど変化はありませんでした。

大きくランクアップしているのは、12位の上原くんで10ランクアップ、26位の磨田くんは15ランクアップ、35位の生存ラインに入った浦野くんは22ランクアップしています。

浦野くんはグループバトル評価でベネフィットを100,000票獲得したのが影響しているようです。

つづいて第2回順位発表式の結果、36位~60位の脱落した練習生についてまとめていきます。

プロデュース101JAPAN第2回順位発表式
<36位~60位の脱落者>まとめ

こちらが第2回順位発表式の結果、36位~60位の脱落した練習生になります。

<36位~60位>

 36位 井汲大翔 
 37位 滝澤 翼
 38位 北川 暉  
 39位 中里 空 
 40位 寺師 敬 
 
 41位 三井 瞭 
 42位 イ ミンヒョク 
 43位 林 龍太  
 44位 古屋亮人 
 45位 山田恭  
 46位 佐々木真生  
 47位 安藤 優
 48位 北岡謙人  
 49位 安慶田真樹 
 50位   岩崎琉斗 
 
 51位   草地稜之   
 52位 中野龍之介 
 53位 西尾航暉 
 54位 岡田武大 
 55位 中林登生 
 56位 渡辺龍星 
 57位 中谷日向 
 58位 内田修斗  
 59位 鈴木 雅 
 60位 片上勇士 

 

ま と め

「プロデュース101JAPAN第2回順位発表式の順位結果!生存者と脱落者まとめ!】と題してお伝えしてきました。

プロデュース101JAPANでは順位発表式の順位結果で生存者と脱落者に分かれることになります。

プロデュース101JAPAN第1話放送から第8話の放送まで、練習生が評価ごとの課題に取り組む様子や評価曲のパフォーマンスを演じる姿には視聴者から熱い声援が贈られたことでしょう。

101名参加していた練習生が第2回順位発表式では35名となってしまい、プロデュース101JAPANの放送も終盤に向かって進みつつあります。

順位発表式の練習生の順位がどのような結果になるのか祈るような気持ちですが、参加した練習生全員がベストを尽くしたことを讃えたいですね!

それでは、最後までおつきあいいただきありがとうございました!

Pocket

スポンサーリンク