クムドンヒョン(プデュX)の順位とプロフィール!動画や画像をチェック!

KPOP
Pocket

Sponsored Link

プデュXの練習生で愛嬌があって可愛いと評判なのがクムドンヒョンです!

最近じわじわと人気が急上昇中ですね!

コンセプト評価を終えて第3回順位発表式でクムドンヒョンがデビュー圏内にランクインました!

可愛らしいと愛されキャラで人気のクムドンヒョンがついにここまで浮上しました。

最初はあまり注目していませんでしたが、グループ評価、ポジション評価、コンセプト評価と放送が進むうちにいつのまにか気になる存在になってきましたね。

普段は可愛いイメージのあるクムドンヒョンが、一度ステージに立つと自分のイメージを作ってパフォーマンスする表情がなんともかっこいい!

ステージでこんなクムドンヒョンの変身した姿見たら、そのギャップに落ちた人も多いのでは

まだ子供⁉なのに妙に色っぽかったり、かっこよかったり、どんどん魅力を発信しているクムドンヒョンについてプデュXでの順位や評価ごとの動画と画像をチェックしてみました。

それではまず第3回順位発表式の順位からみていきます。

Sponsored Link

クムドンヒョンがデビュー圏内にランクイン!

クムドンヒョンは視聴者からも人気があり順位も20位前後にランクインしていたのですが順位が上昇しても足踏み状態が続いていました。

ところがここにきて一気に順位がランクアップしました。

第2回順位発表式では、19位だったので第3回順位発表式でいきなりデビュー圏内にまでランクアップしてくるとは予想していませんでした

それは本人も同じだったようで10位という上位ランクに初めて上がることができて本当に嬉しそうでしたね。

やはりコンセプト評価でベネフィット1万5000票獲得できたのが9ランクアップしたことにつながっているんでしょうね。

<クムドンヒョンのプデュXでの順位の推移>

23→26→30→17→16→19→10

第1回順位発表式→17位、第2回順位発表式→19位、第3回順位発表式→10位と着実にランクアップしています。

クラス分け評価は、B→ Cクラス

続いてクムドンヒョンのプロフィールについてまとめてみました。

クムドンヒョンのプロフィール

 クムドンヒョン(금동현)

 生年月日 2003年5月14日
 年齢  17歳(韓国年齢)
   身長 174㎝
   体重 55㎏
   血液型 B
   練習生期間 1年10ヶ月
   所属事務所:C9

クムドンヒョンは韓国のC9という事務所に所属しています。

プデュシーズン2に出演してWanna one としてデビューしたペジニョンも同じ事務所に所属しています。

ペジニョンからは「自信を持って!」と励まされ、プデュXのスタジオでの席選びには、ペジニョンが座っていた20位の席を選んで座りました。

練習生が白い壁に自分の夢をかいていましたが、クムドンヒョンは「世界征服」という大きな夢を書いていましたね。

夢や目標が大きいとなんとか叶えてみたい!という気持ちがわいてきます。

クムドンヒョンは顔立ちは幼いのですが、中身はしっかりとした目標を持ってプデュに参加したことがわかります。

誕生日は2003年5月14日生まれなので今年で17歳になります。

まだ高1?エッ!と思うほど若いですね!

練習生期間は1年10ヶ月ですがダンスアカデミーに通っていたこともあり、まだ17歳という若さなのでこれからの伸びしろが期待されますね。

Sponsored Link

事務所別評価のパフォーマンスの結果

そんなクムドンヒョンの事務所別評価のパフォーマンスはこちらになります。

同じ事務所のイジェビンと STray Kids の Get Cool という曲のパフォーマンスを演じましたが、ふたりともダンスが可愛いらしく元気いっぱいで若さが溢れていました。

ステージではコミカルなダンスで愛嬌を魅せて楽しませてくれました。

トレーナー陣によるクラス判定はふたりとも B クラスでした。

続いてグループ評価「Love Shot 」のチッケムをみていきます。

グループ評価「Love Shot 」のチッケム

次に続くグループ評価「Love Shot 」ではクムドンヒョンは意外な魅力で視聴者を惹きつけました。

デビュー組のお兄さんたちと共演しても全く引けを取らないパフォーマンスでみんなを驚かせました~♥♥

グループ評価の時に、クムドンヒョンがグループメンバーを選ぶ役割でしたが、このときの選考メンバーがドハマリしました

キムウソクに始まりイハンギョル、キムシフン、チョスンヨン、ホンソンジュンと実力も兼ね備えたイケメンを揃え、クムベンジャーズによる伝説の「Love Shot チーム」を完成させたんですから!

人を見る目も確かですよね。すごい

17歳=子供?だと思っていたのは間違いで、内面に情熱的な部分を秘めているのが感じられ、いつのまにか目で追っていました 💦

<クムドンヒョンのグループ評価の結果>

LOVE SHOT チーム内で5位(50票) 獲得
(ラッパー1)

クムドンヒョンはこのときメイクをしているとはいえ、かなり色っぽい表情をしていて、内心すごい!化けた!とビックリしました

細かい表情を作るのは練習しても簡単にできるものではないので、クムドンヒョンはいろんな表情を作ってアピールするのが得意なんでしょうね。

このギャップに萌えた視聴者が続出したらしいです

ポジション評価 Believer のチッケム

次に続くポジション評価「Believer」でクムドンヒョンはラップを担当しています。

ポジション評価で披露した「Believer」の振り付けは、リーダーのファンユンソンとクムドンヒョンふたりで作ったそうです。

このときふたりのコンビ名を「ファングムコンビ」と名付けたようです。

ファンユンソンとは同じBクラスでダンスも歌も一緒にしていたぐらい仲がよかったんですね。

こんな振り付けを作れるなんて才能ありますよね

そんなクムドンヒョンの「Believer」のチッケムはこちらです。

激しいパフォーマンスにドキドキしますよ!

表情をみるともうしっかり自分のイメージを作って役になりきっています。

普段のクムドンヒョンのあどけない可愛さとは打って変わって内面の感情が溢れ出しています。

クムドンヒョン、実は内面に強い意志や激しい感情を持ち合わせているのかもしれません。

恐るべし17歳

Sponsored Link

クムドンヒョンの性格をチェック!

クムドンヒョンは、プデュXの放送ではいつもにこやかで明るく愛想がいいですね。

人懐っこくて人とあまり距離を取らずに、すぐに馴染める性格だと思います。

学校では勉強も頑張っているようで、学校の副会長も務めるぐらいの模範生だそうです。

そして巷の話によると、プデュXが始まってからは「周りの女の子をなぜか避けている」そうです。

その話からもクムドンヒョンは真面目で何事も真剣に取り組むタイプの練習生ということがわかりますね。

プデュXに出演中ということで身に覚えのない噂が立つと困りますよね。

女性問題で足を引っ張られることは過去のプデュシリーズでもありましたから‥。

こんなところも何故かかわいい!と思ってしまいます。

あどけない顔をしていても抑えるところはちゃんと心得ているというか、しっかり者ですよね。

次にコンセプト評価 Super Special Girlのパフォーマンスをチェックします。

コンセプト評価
Super Special Girl のパフォーマンス

Super Special Girl チームは、チェスファン、カンヒョンス、パクソノ以外は補充メンバーとしてソンユビン、キムシフン、クムドンヒョン(Pretty Girl→)が参加しています。

特に補充メンバーとして途中からのチーム変更は振り付けを覚えたり動線を作ったりと、負担が大きかったと思います。

このとき、Super Special Girl チームは、全体的にパフォーマンスの構成や流れもよかったのですが、とにかく獲得票が伸びませんでした。

チーム全体の獲得票は、92票と他チームの1人分の得票数と変わりないぐらい低く、” これは、ちゃんと評価してもらえてないな‥” と残念に思いました。

しかし、クムドンヒョンはチーム全体で1位(31票)となりベネフィット 1万5500票を獲得することができました。

コンセプト評価でベネフィットなしで、クムドンヒョンは20位でしたので、ベネフィット加算と2pick 投票で、1pick が強かったのが順位アップの要因ではないかと思われます。

無事ステージが終わってメンバーみんなで「お疲れ様!」と労っています!

ソンユビンのボーカルには力強さがあったし、カンヒョンスやチェスファン、パクソノのダンス、センターのキムシフンのボーカルやパフォーマンスも素晴らしくて印象に残りました。

デビュー評価のセンターは誰の手に?

そして最後のデビュー評価では課題曲のチームとパート分けが行われました。

クムドンヒョンはデビュー評価の課題曲 To My World を選んでラッパー2のパートに自分の顔入のシールを張ったのですが、順位が上のソンヒョンジュンに押し出され、やむなくラッパー3を担当することになりました。

ところがこのラッパー3というパートは歌詞が1つしかないのでクムドンヒョン、どうしても認められたいので、センターパートを勝ち取りたいと練習に精出すことになります。

ひとり遅くまで練習室に残ってセンターパートを獲得するべく、練習に励むクムドンヒョン‥。

果たしてチームメンバーから、センターとして選ばれるのでしょうか。

これだけ一生懸命練習しているのを見ると、ぜひともセンターに選ばれてほしいって思いますよね。

第3回順位発表式を迎え、デビュー圏内にランクインすることができたクムドンヒョン、最終回のデビュー評価ではどんなパフォーマンスを演じてくれるのでしょうか。

Sponsored Link

クムドンヒョンのセンター候補動画

こちらがクムドンヒョンの To My World のセンター候補の動画になります。

*「To My World」のセンターは、キムヨハンとファンユンソンが候補に上がり、最終的にファンユンソンがセンターを務めることになりました。

続いて、「To My World 」の動画がこちらになります。

デビュー評価To My Worldの動画

クムドンヒョンのプデュX最終順位

デビュー評価の「 To My World 」のステージが終わって、事前オンライン投票+生放送ムンチャ投票の合計得票数による最終順位発表が行われました。

クムドンヒョンの総得票数は、67万4500票で結果は14位でした。

◆最終順位ランキング 

 
 1位 キムヨハン
    (133万4011票)
 2位 キムウソク
    (130万4033票」
 3位 ハンスンウ
    (107万9200票)
 4位 ソンヒョンジュン
    (104万9222票)
   5位 チョスンヨン
    (92万9311票)
   6位 ソンドンピョ
    (82万4389票)
 7位 イハンギョル
    (79万4389票)
   8位 ナムドヒョン
    (76万4433票)
   9位 チャジュノ
    (75万6939票)
  10位   カンミニ
    (74万9444票)
  X枠  イウンサン
    (68万9489票)
         (316万4535票)
1~4回の順位発表合計票

 12位 イジニョク 
          (71万9466票) 
 13位 クジョンモ 
         (70万4748票 )
 14位 クムドンヒョン
     (67万4500票)
 15位 ファンユンソン
           (55万4589票)
 16位 ソンユビン
   (47万9644票)
 17位 キムミンギュ
          (47万2150票) 
 18位 イセジン
          (46万4655票)
 19位 ハムウォンジン
   (35万9733票)
 20位 トニー
   (28万4789票)

クムドンヒョンは「 To My World」では、ラッパー3という歌詞が1つしかない目立たないパートでしたので、今ひとつ視聴者にアピールできなかったのかもしれません。

最後のデビュー評価は10人でパフォーマンスを演じるので、ボーカルのパートの方が有利だったような気がします。

今までのクムドンヒョンの頑張りをみてきたので、あとひと押しがなくて本当に残念でした 💦

プデュXでは、その人懐っこさでメンバー皆から可愛がられる存在でした。

クムドンヒョンは愛嬌があって実力もあるので、これからまだチャンスが巡ってくるとおもわれます。

これからもクムドンヒョンの活躍を見守っていきたいですね。

ま と め

「クムドンヒョン(プデュX)の順位とプロフィール!画像や動画をチェック!」と題してお伝えしてきました。

こちらではプロデュースX101に出演している練習生のクムドンヒョンの評価ごとの順位やプロフィールについてまとめてきました。

明るくていつも人懐っこいクムドンヒョンですが、意外と真面目で真剣にプデュでの評価に取り組んでいることがわかりました。

プデュXも第3回順位発表式を終えて残すところあとデビュー評価のみとなりました。

デビュー評価の結果が待ち遠しいようで不安な気持ちもありますが最終順位の結果を待ちたいとおもいます。

それでは最後までおつきあいいただきありがとうございました!

Pocket

スポンサーリンク