「ORβIT」 の公式SNSや事務所は?デビュー日や活動内容と期間限定グループなのか?

アイドル
Pocket

2月1日0時に「ORBIT UNION」というYoutube チャンネルで動画が公開されましたね。

最初にプロデュース101JAPNに出演していた宮島優心くんの映像が公開され、デビューするのではないかと、ツイッターでまたたく間に拡散されました。

「ORBIT UNION」なるプロジェクトは宮島優心くん、大澤駿弥くん、キムユンドンくんと発表が続き、1日休止して今度は、上原潤くん、チョンヨンフンくんと5人のメンバーが確定しました。

それから2日後に追加メンバー2人、安藤誠明くん、キムヒチョンくんの動画が公開されメンバーは全員で7人であることがわかりました。

この動画では、2月14日(金)の公式SNSが開設されるというメッセージがありました。

「ORBIT UNION」の事務所がどこなのか、公式SNSの発表によって明らかになるでしょう。

こちらでは「ORBIT UNION」の公式SNSアカウントや事務所、デビュー日や活動内容、期間限定なのかについても調査していきます。

スポンサーリンク

「ORBIT UNION」のYoutube 登録チャンネルについて

2月1日0時に突然公開された謎の Youtube チャンネル「ORBIT UNION」の動画は、事前予告もないまま供給され、視聴者を混乱させました。

こちらが「ORBIT UNION]の Youtube 登録チャンネルになりますが、チャンネル登録日は、2020/1/9になっています。

2月13日現在、登録者数は、16.2万人で、動画再生回数は530万回を超えています。

謎の動画にこれだけの登録者数と動画再生回数は、ありえない数字ですね。

きちんとしたアイコンもないまま、どこからの何の動画公開なのかという説明もないままでしたので、かなり怪しかったですね。

2月6日までに5人のメンバー(宮島優心、大澤駿弥、キムユンドン、上原潤、チョンヨンフン)の動画公開がありました。

2月9日に追加メンバー2人(安藤誠明、キムヒチョン)の動画公開でメンバーが7人のグループであるらしいことはわかりました。

ところが、所属事務所やデビューグループの紹介など詳細については何の発表もなく、最初は「セルフプロデュース」ではないかとの声もありました。

動画の最後に、2月14日に公式SNSが開設されるとのお知らせがあり当日の発表まで、どこの事務所なの数々の推察がなされました。

「プロデュースJAPAN」からデビューした「JO1」の所属事務所である「LAPON ENTERTAINMENT」なのか、あるいは「 avex 」や「 FLAVE ENTERTAINMENT」ではないかとの声もありました。

2月14日「ORBIT UNION」の公式からは所属事務所の発表はあったのでしょうか?

スポンサーリンク

ORβIT」公式SNSアカウントは?

2月14日(金)0時に「ORβIT(オルビット)」の公式インスタアカウントが開設されました。

ORβIT」の公式インスタアカウントが開設

「ORβIT」公式アカウントは、こちらから

「ORβIT」は、(オルビット」と呼ぶようですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ORβIT(@official_orbitgram)がシェアした投稿

「ORβIT」のメンバーそれぞれに惑星の名前がつけられているようです。

スポンサーリンク

「ORβIT Official 」のYoutube

「ORBIT UNION」から「ORβIT Official」にYoutube 登録名が変更になりました。

「ORβIT Official」の Youtube は、こちらから

「ORBIT Offcial」のツイッター開設

「ORβIT Official 」のツイッターが開設されました。

ツイッターアカウントは、こちらから

「ORβIT Official 」から最初のお知らせがありました。

お知らせは、「ORBIT」の韓国人メンバー、チョンヨンフン、キムヒチョン、キムユンドンの韓国の「兵役法」という義務について述べられています。

スポンサーリンク

「ORBIT」の活動内容や期間限定グループなのか?

「ORBIT Office 」からのお知らせによると、

 
 ORβITメンバーからのお知らせ

 EαRTHの皆さまへ最初にお伝えしたいことがあります。

 ORβITは日韓7人のメンバーによるグループです。

 
 韓国では「兵役法」という法律により、すべての成人男性に兵役の義務が課せられています。

 YOUNGHOON、HEECHO、YOONGDONGについても例外ではありません。

 数年以内に、順次入隊することが義務付けられています。

 また満25歳以上で兵役を終えていない場合、海外に出るのは制限がある為、

 YOUNGHOON、HEECHOは韓国在住のまま

 日本で活動がある時に来日するという形になります。

 
 メンバーが離れていることで、皆さまにはご心配を掛けることになるかもしれませんが、

 すべてを受け止め、

 それでもこのメンバーと一緒に活動したいという思いで7人は集まりました。

 そのためメンバーが入隊した時についてもその期間は

 「残りのメンバーで活動し、入隊しているメンバーが帰ってくる場所を作る‼」

 というのがORβITメンバーの総意です。

 
 7人の意志で集まったグループであるということをご理解頂きたく、

 メッセージを出させてもらいました。

 EαRTHの皆さま、どうか温かく見守っていてください。


1.韓国人メンバーである、チョンヨンフン、キムヒチョン、キムユンドンが、韓国の「兵役法」により数年以内に順次入隊することが義務付けられている
と記しています。

2.「兵役法」では、満25歳以上で兵役を終えていない場合、海外に出るのは制限がある為、チョンヨンフンとキムヒチョンは韓国在住のまま日本活動があるときに来日するという形になります。

このメッセージによると、ORβITメンバーのうち、5人は日本国内で活動して、韓国人メンバーのうち、ヨンフンくんとヒチョンくんは韓国で生活し、活動がある時に来日するという別行動になるようです。

韓国の法律では、「渡航制限」があるので海外へ出るのも限られています。

グループ活動をするメンバーにとっては、普段の交流や練習が一緒にできなかったりと負担があるかもしれませんね。

韓国人メンバーの3人が兵役についている期間は、

「残りのメンバーで活動し、入隊しているメンバーが帰ってくる場所を作る‼」

というのが、ORβITメンバーの総意であると綴られています。

元ヘイロの3人にとっては、この「兵役法」による日本人メンバーへの負担をどう理解してもらい受け入れてもらえるかが、超えなければならない壁だったようにおもいます。

「ORβIT Office」からの最初のメッセージは、「日韓合同グループ 」を結成するにあたって、国籍の違いによる国民の義務があることを受け入れること、韓国人メンバーが入隊している期間は残りのメンバーで活動していくこと」への理解をしてほしい…という内容でした。

「EαRTHUNION」の運営からのメッセージは、EαRTHにとっても一番気がかりだったとおもいます。

これで元ヘイロの3人のメンバーにとって「ORβIT」での活動が可能になりますね。

「兵役」で韓国人メンバーが活動できない間、残されたメンバーは大変だろうとおもいますが、みんなで支えてくれたらと願うばかりです。

メッセージの内容がとても優しいので「ORβIT」のメンバーみんなで何度も「兵役」による負担について話し合いを重ねたのではないかとおもわれます。

「日韓合同グループ」を結成して継続して活動するということは、乗り越えていかなければならない壁があるということ、前向きに自分たちの道を進んでいくことを決心した ORβIT のメンバーを応援したいですね。

またORβITメンバーの活動期間について期間限定グループになるのか、まだ発表がありませんので詳細が分かり次第追記していきます。

「ORβIT 」の所属事務所などの情報についても公表されましたらお知らせいたします。

スポンサーリンク

「ORBIT」のデビュー日はいつ?

2月14日(金)0時に「ORβIT Office」の公式インスタグラムとツイッターが開設されました。

インスタグラムでは、「ORβIT Office」のロゴの公開やメンバーそれぞれに惑星の名前がつけられていました。

まだ公式からは事務所や活動内容など詳細について発表がありませんので、「ORβIT 」のデビュー日については、はっきりといえませんが、4月~5月くらいになると予想されます。

公式SNSがオープンしたばかりですが、デビュー日の発表が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

ま と め

「ORBIT UNIONの公式SNSや事務所は?デビュー日や活動内容と期間限定グループなのか?」と題してお伝えしてきました。

2月1日に始まった怒涛の供給から、ようやく「ORβIT Office」の公式SNSがオープンとなりました。

プロデュース101JAPANに出演、デビューを逃し脱落や辞退となった練習生が自分たちの意志で集まって結成された「ORBIT (オルビット)」。

彼らの活動はまだ始まったばかりですが、彼らの夢が叶うことを願ってこれからも応援したいですね‼

それでは最後までおつきあいいただきありがとうございました!

Pocket

スポンサーリンク