プデュX投票操作疑惑でX1が活動休止?今後の展開に注目!

X1
Pocket

「X1」メンバーは2019年7月19日のプデュ最終話でデビューが決定し、8月26日に韓国ソウルの高尺(コチョク)スカイドームでデビューショーコンを成功裏に収めています。

その一方、Mnet放送「プロデュースX101」ではデビューメンバー発表後から投票操作や順位の操作があったのではないかとの疑惑がささやかれていました。

その後国民プロデューサーによる「真相究明委員会」が立ち上げられ、ソウル地方警察による捜査がおこなわれています。

Mnet側の制作陣による「投票操作」が一部認められたようですが、捜査は引き続き行われていました。

そして捜査はプロデュースX101と関連のある練習生の所属事務所にも及び家宅捜索が行われたようです。

そこでプデュX投票操作疑惑でX1は活動休止するのか、今後の展開にも注目していきたいとおもいます。

スポンサーリンク

プデュX
不正投票操作疑惑の家宅捜索開始!

プロデュースX101の不正投票疑惑の操作で警察による関連事務所の家宅捜索が行われたようです。

Mnet「プロデュースX101」(以下「プデュX」)投票操作疑惑と関連してのXウォン(X1)のメンバーの一部の所属事務所が警察の押収捜索を受けた。

1日スポーツ朝鮮は、複数歌謡関係者の言葉を借りて「警察が同日MBKエンターテイメント響きエンターテイメントスターシップエンターテイメントなどのX源のメンバーたちの所属事務所を家宅捜索した」と報道した。

MBKエンターテイメント関係者と響きエンターテイメント関係者は東亜ドットコムに「家宅捜索が行われたのが正しい」と認めながらも、特別な公式の立場を明らかにしなかった。

スターシップエンターテイメント側は「プログラムのランキング操作疑惑に関連してCJ ENMを調査し、その過程で、協力会社も一括して調査していることを知っている。警察の協力要請に対して誠実に臨む予定だ」との立場を明らかにした。

記事によるとどうやらMBKエンターテイメント、Woolimエンターテイメント、スターシップエンターテイメントの3社の事務所が家宅捜索を受けたようですね。

警察は、X源のメンバーの中で脱落巻にあった練習生2〜3人が最終投票で投票の結果の操作を通じてデビュー組を含むされた可能性に重きを置いていることが分かった。

Mnet側はPD A氏の立件と「プデュX」の操作性が硬直した点のスポーツ朝鮮のお問い合わせに「警察発表を待つだけだ。私たちも捜査状況は記事のみ接している」と答えた。

今回の警察の捜査を通じて投票することができ、操作正確に明らかに現れる場合、これらのグループの今後の活動継続するかどうかにも関心が集まっている。少なくともPD A氏をはじめと製作陣が数回明らかにした」得票数集計、配信中にエラーがあっただけで、最終的順位は変動がない」という立場は偽りである可能性が非常に高くなった。

Mnetによる「プデュX」の不正投票操作疑惑の捜査状況によると「X1メンバーの脱落圏にあった練習生2~3人が最終投票で投票操作を通じてデビュー組に含まれた可能性が高いと判断したようです。

MBKとWoolim、スターシップエンターテイメントの3社が家宅捜索を受けたということは不正をした可能性が高いということになりますね。

捜査の結果がまだすべて公開されていないので詳しくは近日中に明らかになるものとおもわれます。

スポンサーリンク

プデュX投票操作疑惑で
不正操作は行われた?

Mnet放送「プロデュースX101」ではデビューメンバー発表後から投票操作や順位の操作があったのではないかとの疑惑が浮上していました。

プデュX最終回の順位発表後から、視聴者にとって意外(?)なメンバーがデビュー組に選ばれたり、順位も納得のいく結果ではなかったようで、「不正投票操作」疑惑が持ち上がり国民プロデューサーによる真相究明委員会が発足されました。

「継続的な問題提起にも、一貫していた制作陣がやっと最終得票数に問題があったことを一部認めた。しかし、未だに納得できない言い訳を続けており、最も重要な原本データの公開を拒否している」と指摘した。

続いて「Mnet側のいかなる加工もされていないデータの公開と共に、すべての人々が納得できる明確な釈明、そして再発防止のための対策作りを要求する」と述べた。

「PRODUCE X 101」国民プロデューサーを中心に組織された真相究明委員会は25日、公式声明文を発表し、Mnet側に原本データの公開を要求した。

真相究明委員会の発足から2週間後「プデュX101」の投票結果には不正操作があったことをプデュXの制作陣が一部認めたようです。

この「投票操作議論」が大きくなりMnet側が「プロデュースX101」の制作陣にソウル地方警察庁に捜査依頼をしたものの捜査が長引いていました。

MnetのプデュX投票操作に対して警察の捜査が行われているにもかかわらず、X1の所属事務所の所長が8月27日に控えているX1のデビューをそのまま進行させたということです。

このとき警察による「プデュX投票操作疑惑」の捜査結果がでるまで「X1」のデビューは一旦お預けにしていればここまで問題は大きくならなかったのではないでしょうか。

すでに7月の末には国プによる調査によって、このような不正操作が行われたのではないかといわれていました。

この時点では決定的な証拠や録音などの提出物がない状態で、不正操作はまだ疑惑でしかありませんでした。

 

Mnetの不正操作疑惑が報じられ世間からの疑惑と非難が渦巻いていましたが、X1の所属事務所は非難の声に耳を傾けることなく「X1」のデビューショーコンの開催に踏み切りました。

このとき報道機関では「強行突破」したX1と揶揄されていました。

Mnat側は「プデュX101の不正操作」が疑われて問題になったとき、なんとかうまく切り抜けて今の事態の収拾を図りたかったとおもわれます。

X1のメンバーは初めての「デビューショーコン」を成功させるため、レッスンに明け暮れる日々で取材や番組出演など多忙なスケジュールに追われながら不安をぬぐいきれなかったでしょう。

デビュー経験のないメンバーにとって高尺(コチョク)スカイドームのような大きな舞台に立つのは、不安とプレッシャーで押しつぶされそうだったに違いありません。

そんな怒涛のようなハードスケジュールをこなしながらデビュー・アルバムも初動50万枚を突破し、不安要素を残しながらも人気は急上昇していき、X1の未来は輝くばかりに希望にあふれていました。

その矢先の “「不正操作疑惑」の確信に迫る捜査結果が発表されるだろう・・” という各社の記事に「X1」のメンバーの気持ちは察するにあまりあるものがあります。

いずれ明るみにでる「不正操作」の事実を当事者が疑惑が浮上した段階でなぜ明らかにしなかったのか・・という後悔の念が残ります。

スポンサーリンク

「PD手帳」の放送で真実が公開?

韓国では10月15日MBC放送で「PD手帳」という番組でプデュX101の投票操作疑惑についてオーディションの真実を公開するようです。

今さらMnet側による「不正操作」がどのようにおこなわれたか、オーディション中に一部の練習生に事前の情報提供があったのか知らされても誰もどうすることもできません。

夢を叶えるためにオーディションに応募して課題曲のレッスンに明け暮れた練習生の想いや望みは、身勝手な大人たちによって無残にも打ち砕かれてしまいました。

プデュX101のオーディション番組に参加した練習生たちの「デビューしたい!」という真摯な気持ちを番組の話題作りに利用されたといってもよいでしょう。

プデュX101からデビューできたメンバーも、不正操作によって脱落していたのにデビュー組に入ったメンバー、本来ならデビュー圏内であったにもかかわらず脱落したメンバー、プデュに参加したメンバー全員の一途な想いはどこに向ければ報われるのでしょう。

スポンサーリンク

X1メンバーは活動休止になるの?
今後の展開は?

Mnet側による「プデュX投票操作疑惑」の真実が近日中に公開されることが予想されます。

X1メンバーのスケジュールはこれからも予定通り進行していくことでしょう。

しかし、警察の捜査により真実が明らかになることで、X1メンバーが不正をしたわけでなくても世間からは色眼鏡でみられたり、批判されたりするかもしれません。

さらにこれからのX1の活動にも影響がでてきて思うようにプロモーションができなくなる可能性がでてきます。

「プデュX」からX1メンバーがデビューするまでの道のりを見てきたからこそ、なんとかこの危機的状況を乗り越えて11人で活動を続けてほしいと願っています。

「高尺スカイドーム」でデビューショーコンを成功させ、これから音楽シーンにおける活動への確かな手応えを感じた「X1」メンバーが世間から受け入れられるのはいつになるのでしょう。

事件の当事者は真実を明らかにしてメンバーやプデュに参加した練習生、練習生の応援活動を必死に頑張った国プにたいして「謝罪会見」の場を設けて心から陳謝することが今できることではないでしょうか。

スポンサーリンク

ま と め

「プデュX不正操作疑惑でX1メンバーの活動は休止?今後の展開に注目!」と題してお伝えしてきました。

プデュXからデビューしたX1メンバーの順位に「不正があるのではないか」という疑惑は最終順位発表直後から指摘する声がありました。

「X1」メンバーのデビュー決定後から一部の国プによる「不正投票操作」の疑惑が持ち上がり警察による捜査が続けられていました。

10月に入り「不正投票操作」の捜査でプデュに関連した事務所の家宅捜索が行われ、数社の事務所が不正を認めたようで近く事件の真相が明らかになるようです。

自分たちの知り得ぬところで行われた不正事件の矢面に立たされた「X1メンバー」がこれからもかわりなく胸を張って音楽シーンで活動できることを祈っています。

それでは最後までおつきあいいただきありがとうございました!

Pocket

スポンサーリンク