プデュJAPAN現場評価の課題曲とポジション!チームメンバー決定!

プロデュース101 JAPAN
Pocket

韓国のオーディション番組プロデュースシリーズの日本版「プロデュース101 JAPAN」の「第1次現場評価」の収録が都内で行われました。

プロデュース101 JAPANの「第1次現場評価」のスタジオ観覧は2019年9月14日(土)でしたが当選した方は午前中から収録スタジオ前に集合されたようですね。

当日は雨も降って観覧待ちされた方は大変だったと思います。

国民プロデューサーとして初の収録現場での観覧はどうだったのでしょう。

プデュJAPAN放送前の練習生の初披露やパフォーマンスが気になりますね。

こちらでは、プデュJAPAN現場評価の課題曲とポジションやチームメンバーについてまとめています。

ぜひお気に入りのメンバーについてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

目次

プデュJAPAN現場評価の収録と収録申し込みは?

プロデュース101 JAPANのタイトル曲「ツカメ~It’s Coming」の動画公開や練習生のプロフィール公開も9月3日の明け方に同時に行われました。

動画公開やプロフィール公開後、まもなくプロデュース101 JAPANのスタジオ観覧の募集があり、一度に情報供給があって慌てた方も多いのではないでしょうか。

応募期間は2019年9月3日(火)~9月7日(土)まで、募集人数は200名ほどでしたね。

番組収録当日は朝早くから集合して夜の18時頃収録が終了したようです。

プデュJAPANの現場評価の収録への申込みはプデュJAPANの公式サイトより募集案内がでますのでそちらから申し込むことができます。

今後、課題曲の評価ごとに現場評価の収録があるかはまだ未定ですが、現場評価の収録への申込みはプデュJAPANの番組放送内でも案内していますので、見逃さないようにして申し込むとよいですね。

つづいて当日行われた一次現場評価の課題曲のプログラムについてチェックします。

スポンサーリンク

現場評価当日の課題曲(プログラム)進行

現場評価当日の課題曲のプログラムはこちらになります。

<現場評価当日の課題曲(プログラム)進行>

 1. ダンス:DNA/BTS
 2.ボーカル:Lemon/米津玄師
   3.ダンス:WILD WILD WILD
                 /
EXILE THE SECOND
 4.ボーカル:Happy Birthday
                   /
backnumber
 ー 20分休憩 ー
 5.ラップ:オリジナルラップ
                /
プデュJAPAN
 6.ダンス:Over the top
                /
Hey!Say!JUMP
 7.ボーカル:タマシイレボリューシ
                    ョン/
Superfly
 8.ダンス:Highlight/SEVENTEEN
 9.ボーカル:Wherever you are
                    /
ONE OK ROCK

プロデュース101 JAPANではプデュシリーズの大型セットが入るスタジオが国内にないので韓国のソウルにある坡州(パジュ)の英語村で収録を一部すませています。

プロデュース101 JAPANに出演する練習生は、坡州(パジュ)英語村での収録でタイトル曲の「ツカメ~It’s Coming」のパフォーマンス評価でA~Fクラスに振り分けられたようです。

歴代のプロデュースシリーズでは、最初の評価は「事務所別評価」といって事務所ごとにチームを組んで、好きな課題曲を選んでパフォーマンスを披露しました。

しかし、プロデュース101 JAPANでは出演者を募集時、“事務所に所属していない” ことを規約にあげていましたので、事務所別評価はできませんでした。

それなので現場評価では1つの課題曲に2組のチームがダンスや歌を披露して競うことになったようです。

課題曲のポジションは、ボーカル、ダンス、ラップと3つのグループに分かれてダンスや歌を披露しています。

つづいてプロデュース101 JAPANの現場評価ではどのような課題曲が披露されたのかチェックしていきます。

スポンサーリンク

プデュJAPAN現場評価の課題曲

プロデュース101 JAPANの評価課題曲はこちらの9曲になります。

 (ダンス)
 1. Highlight/SEVENTEEN

 2. DNA/BTS

 3. WILD WILD WILD
       /
EXILE THE SECOND

 4 .Over the top/Hey!Say!JUMP

 (ボーカル)
 5. Lemon/米津玄師

 6. Happy Birthday/backnumber

 7. タマシイレボリューション/Superfly

 8. Wherever you are/ONE OK ROCK

 (ラップ)
 9 .オリジナルラップ/プデュJAPAN

課題曲をみると、SEVENTEENやBTSなどのK-POPやHey!Say!JUMPの曲にONE OK ROCKの曲など様々なジャンルの曲が用意されていたようです。

BTSのDNAはダンスが難易度も高いですし、Hey!Say!JUMPの「Over the top」にはいわしダンスとよばれる難しいパートがあるようです。

米津玄師の「Lemon」は名曲ですが、どの練習生が心に届く歌を披露してくれるのか楽しみですね。

練習生の現場評価(ポジション評価)のチーム分けについてはどのように行われたのか気になるところですね。

スポンサーリンク

プデュJAPAN現場評価
(ポジション評価)の方法

プデュJAPAN現場評価(ポジション評価)の方法についてチェックしていきます。

現場評価(ポジション評価)の投票方法

ポジション評価はボーカル、ダンス、ラップの3つのポジションに分かれていてそれぞれの課題曲のパフォーマンスをステージで披露することになります。

そして会場内の国民プロデューサーがステージを見て現場投票をおこないます。

ポジション評価がプデュ日本での最初の評価になりますが1つの課題曲を2チームで競います。

現場評価(ポジション評価)のベネフィット(ボーナスポイント)

現場の国民プロデューサーは1つの課題曲でパフォーマンスを披露する2チームのステージを見て2チームのうちのどちらかよいと思う1チームを選び、その後に2チームのうち1番よかった練習生1名を選ぶことになります。

▼【ポジション評価のベネフィット(ボーナスポイント)】は次のようになります。

♦課題曲を2チームで競い、勝利したチーム→ 練習生全員に1,000票加算

♦課題曲で1位になった練習生→ 3,000票加算

♦ボーカル、ダンス、ラップの各ポジションで1位になった練習生→ 10,000票加算

各ポジションで1位になった練習生には何と10,000票のベネフィットが贈られるのでこれは何としてもゲットしたいところですね!

現場評価(ポジション評価)の生存ライン

ポジション評価の生存ラインは次のようになります。

ポジション評価の後、第1回順位発表式で61位以下の練習生が脱落することになります。

10月18日(金)4時59分までの投票数と、今回のポジションバトル評価のボーナスポイントを加算した現場得票数の合計で第1回順位が決まります。

現時点で順位がボーダーラインの61位以下と周辺にいる練習生は特にボーナスポイントの有無が脱落と生存の命運を分けることになるのでボーナスポイントはぜひとも押さえておきたいですね。

つづいてプデュ JAPAN現場評価(ポジション評価)の課題曲とポジションやチームメンバーについてチェックします。

スポンサーリンク

プデュJAPAN現場評価の課題曲&ポジション!
チームメンバーは?

プロデュース101 JAPANのタイトル曲ツカメ~It’s Coming~」初代センターになった川尻蓮くんは、歴代のプデュシリーズと同じように1番最初に披露する楽曲を選んでチームメンバーを選べる権利がありました。

それなので蓮くんが選んだチームメンバーが「アベンジャーズチーム」と呼ばれていますね!

ダ ン ス

こちらでは、ダンスポジションの課題曲(4曲)のパフォーマンスを演じる8チームのメンバーをご紹介します。

Hilight/Seventeen<1組>メンバー

Hilight (Seventeen)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>です。

Hilight (Seventeen)のパフォーマンスを演じたチーム<1組>が得票数317票で勝利しました。

 順位  得票数(計317票)
  2位 川尻蓮(A)
    センター&
    リーダー
 +1,000票
 6位 大平祥生(B)  +1,000票
 4位 木全翔也(A)  +1,000票
 5位 宮島優心(A)  +1,000票
 9位 中林登生(D)  +1,000票
  12位  中里空(C)  +1,000票

*川尻蓮くんがセンター&リーダーを務めます。

Hilight/Sevevteen<2組>メンバー

Hilight (Seventeen)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>です。

福地正くんは課題曲 Hilight/Seventeen のダンスポジションで1位になったのでベネフィット3,000票が加算されます。

 順位  得票数(72票)
 7位 佐野文哉(B)
    (センター)
 
  11位 西涼太郎(D)  
👑1位 福地正(C)  +3,000票
 3位 古屋亮人(D)  
 8位 田口馨也(D)  
  10位 駒尺雄樹(D)  

 

DNA/BTS<1組>メンバー

DNA(BTS)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>です。

👑1組の得票数は270票でDNA(BTS)対決は1組の勝利となりました。

  順位  得票数(計270票)
 4位 川西拓実(A)  +1,000票
 12位 小山省吾(C)  +1,000票
 7位 東郷良樹(D)  +1,000票
 5位 キム
    ヒチョン(A)
    (リーダー)
 +1,000票
 6位 豆原一成(A)  +1,000票
 3位 キム
            ユンドン(A)
    (センター)
 +1,000票

*リーダーは東郷良樹くんからキムヒチョンくんに変更、キムユンドンくんがセンターを務めました。

DNA/BTS/<2組>メンバー 

DNA(BTS)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>です。

2組の得票数は119票でした。

 順位  得票数(計119票)
 2位 鶴房汐恩
     (A)
        (センター)
 
 8位 五十畑颯斗
          (D)
(リーダー)
 
  10位 内田脩斗(D)  
  9位 佐々木真生
             (B)
 
👑1位 佐藤景湖(A)  +3,000票
  11位 渡邉公貴(D)  

 ※リーダーは五十畑颯斗くんが、センターは鶴房汐恩くんが務めました。

WILD WILD WILD(EXILE THE SECOND)< 1組>メンバー

WILD WILD WILD(EXILE THE SECOND)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>です。

1組の得票数は70票でした。

 順位  得票数(計70票)
 3位 大澤駿弥(C)  
 5位 北川 暉(D)  
 6位 井上港人(B)  
 8位 田中雄也(D)
   (センター)
 
 9位  池本正義(C)
   (リーダー)
 
 10位 山田 恭(C)  

WILD WILD WILD(EXILE THE SECOND)<2組>メンバー

WILD WILD WILD(EXILE THE SECOND)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>です。

👑2組の得票数は321票で、WILD WILD WILD(EXILE THE SECOND)対決は2組の勝利となりました。

 順位  得票数(321票)
👑1位 今西正彦(B)
   (センター)
 +4,000票
 2位 青木聖波(D)  +1,000票
 4位 安藤優(C)  +1,000票
 7位 中野龍之介
               (F)
 +1,000票
 11位  山田 聡(F)  +1,000票
 12位 渡邊大貴(C)  +1,000票

 

Over the top(Hey! Say! JUMP)
<1組>メンバー

Over the top(Hey Say JUMP)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>です。

Over the top(Hey Say JUMP)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>の得票数は143票でした。

 順位  得票数(計143票)
 10位 大川澪哉(B)
              (リーダー)
 
    チョン
  2位          ヨンフン(C)
   (センター)
 
 7位 井汲大翔(D)  
 5位 小松倖真(D)  
 6位 中谷日向(D)  
 3位 北川玲叶(F)  

※大川澪哉くんがリーダー、チョンヨンフンくんがセンターを務めます。

Over the top(Hey! Say! JUMP)
<2組>メンバー

Over the top(Hey Say JUMP)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>です。

Over the top(Hey Say JUMP)のパフォーマンスを演じたチーム<2組>が得票数244票で勝利しました。

👑本田康祐くんはチームの得票数が1位だったのと課題曲で1位になったのとダンスポジションで1位になったのべネフィットが14,000票加算されます!

 順位  得票数(計244票)
 4位 白岩瑠姫(C)
    (センター) 
 +1,000票
 8位 草地稜之(F)  +1,000票
  11位 熊澤歩哉(F)  +1,000票
👑1位 本田康祐(B)
    (リーダー)
 +14,000票
 9位 黒岩竜聖(F)  +1,000票
  12位 西尾航暉(F)  +1,000票

 

ボーカル

こちらではボーカルンポジションの課題曲(4曲)を演じる8組のチームメンバーをご紹介します。

Lemon(米津玄師)<1組>メンバー

Lemon(米津玄師)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>です。

Lemon(米津玄師)のパフォーマンスを演じたチーム<1組>が得票数301票で勝利となりました。

與那城奨くんのチームが得票数で1位と與那城くんが課題曲で1位になったのでベネフィットが4,000票加算されています!

 順位  得票数(301票)
 8位 秦健豪(B)  +1,000票
👑1位 與那城奨(B)
    (リーダー)
 +4,000票
 3位 中本大賀(C)  +1,000票
 5位 大水陸渡(B)  +1,000票
 10位 結城樹(D)  +1,000票

 

Lemon(米津玄師)<2組>メンバー

Lemon(米津玄師)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>です。

Lemon(米津玄師)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>の得票数は90票でした。

 順位  得票数(計90票)
 2位 菅野雅浩(B)  
 7位 片上勇士(F)  
 6位 米原尚平(D)  
 9位 渡辺龍聖(D)  
 4位 長谷川怜央
     (F)
 

 

ハッピーバースデー(backnumber)<1組>メンバー

ハッピーバースディ(backnumber)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>です。

ハッピーバースディ(backnumber)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>の得票数は87票でした。

床波志音くんが課題曲で1位になったのでベネフィット3,000票加算されます。

 順位  得票数(計87票)
👑1位 床波志音(C)
              (センター)
 +3,000票
 8位 北岡謙人(B)  
 7位 グチェレス
               タケル(C)
 
  10位 石井祐輝(D)  
 9位 木原汰一(F)  

※床並志音くんがセンターを務めます。

ハッピーバースデー(backnumber)<2組>メンバー

ハッピーバースディ(backnumber)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>です。

ハッピーバースディ(backnumber)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>が得票数301票で勝利しました。

 順位  得票数(計301票)
 3位 浦野秀太
     (C)
 
 +1,000票
 5位 西山和貴(C)  +1,000票
 2位 安慶田真樹
     (F)
 +1,000票
 4位 岩崎琉斗(F)  +1,000票
 6位 磨田寛大(F)  +1,000票

 

タマシイレボリューション(Superfly)<1組>メンバー

タマシイレボリューション(Superfly)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>です。

タマシイレボリューション(Superfly)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>が得票数358票で勝利しました。

 順位  得票数(計358票)
 2位 安藤誠明(B)
    (センター) 
 +1,000票
 4位 宮里龍斗志
             (B)
 +1,000票
 5位 佐藤隆士(C)  +1,000票
 3位 鈴木玄(C)  +1,000票
 11位 アルジャマ
              勇心(F)
 +1,000票
 6位 金城碧海(F)  +1,000票

※安藤誠明くんがセンターを務めます。

タマシイレボリューション(Superfly)<2組>メンバー

タマシイレボリューション(Superfly)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>です。

タマシイレボリューション(Superfly)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>の得票数は35票でした。

滝澤翼くんは課題曲で1位になったのでベネフィット3,000票加算されます!

 順位  得票数(計35票)
 8位 古賀一馬(D)  
 12位 高野慧(D)  
👑1位 瀧澤翼(D)  +3,000票
 7位 岡田武大(C)  
  10位   松倉悠(F)  
 9位 石井健太郎
              (F)
 

 

Wherever You are(ONE OK ROCK)<1組>メンバー

Wherever You are(ONE OK ROCK)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>です。

👑1組の投票数は310票で、Wherever You are(ONE OK ROCK)対決は1組の勝利となりました。

 順位  得票数
 6位 林龍太(A)
           (センター&
   メインボーカル)
 +1,000票
👑1位 男澤直樹(B)  +4,000票
 5位 河野純喜 (B)  +1,000票
 7位 イミンヒョ
            ク (D)
     (リーダー) 
 
 +1,000票
  10位   中西直樹(C)  +1,000票


Wherever You are(ONE OK ROCK)<2組>メンバー

Wherever You are(ONE OK ROCK)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>です。

2組の得票数は75票でした。

 順位  得票数(計75票)
 4位 佐藤來良(B)  
 8位 鈴木晨順(C)  
 9位 寺師敬(F)  
 2位 中川吟亮(F)  
 3位 西野友也(F)
   (センター)
 
 

ラ ッ プ

こちらではラップポジションの課題曲(1曲)のパフォーマンスを演じる2組のチームメンバーをご紹介します。

オリジナルラップ曲 (プデュJAPAN)<1組>メンバー

オリジナルラップ(プデュJAPAN)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>です。

オリジナルラップ(プデュJAPAN)のパフォーマンスを演じるチーム<1組>の得票数は308票で勝利しました。

 順位    得票数(308票)
 2位 上原潤(B)
       (センター) 
 +1,000票
 6位 中川勝就(B)  +1,000票
 5位 稲吉ひかり
             (C)
 +1,000票
 3位 岡野海斗(D)
    (リーダー)
 +1,000票

*岡野海斗くんがリーダー、上原潤くんがセンターを務めます。

オリジナルラップ曲(プデュJAPAN<2組>メンバー

オリジナルラップ(プデュJAPAN)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>です。

オリジナルラップ(プデュJAPAN)のパフォーマンスを演じるチーム<2組>の得票数は76票でした。

三井瞭くんが課題曲で1位になったのでべネフィット3,000票加算されます!

 順位  得票数(計76票)
👑1位 三井暸(D)  +3,000票
    森慎二郎(F)  
    鈴木雅(F)  
    山本健太(C)  

 

プロデュース101 JAPAN(プデュ日本)ポジション評価
各ポジション1位は?

こちらではプロデュース101 JAPAN(プデュ日本)ポジション評価の各ポジションで1位になった練習生と投票数についてまとめていきます。

▼ポジション評価の総合ランキングをご紹介します。

 順位  メンバー名  得票数
 1位  本田康祐  14,230票
 2位  男澤直樹  14,224票
 3位  三井瞭    13,185票

 

<ダンスポジション>

 順位  メンバー名  得票数
 1位   本田康祐(B)  14,230票

<ボーカルポジション>

 順位  メンバー名   得票数
 1位  男澤直樹(D)  14,224票

<ラップポジション>

 順位  メンバー名   得票数
 1位  三井 瞭(D)  13,185票

 

*各ポジション評価で1位になった練習生は10,000票のベネフィットが加算されてポジション評価の得票数が増えていますので、次回の順位発表では順位がランクアップしてくるのは間違いありません!

ま と め

「プデュJAPAN現場評価の課題曲とポジション!チームメンバー決定!」と題してお伝えしてきました。

プロデュース101 JAPANの練習生による初めての現場評価は某スタジオで観覧者約200名とともに収録がすんでいます。

プロデュース101 JAPANの番組は9月25日(水)深夜0時01分~1時00分までTBS系列(関東ローカル)にて放送されます。

TBS(関東ローカル)で視聴できない方は、翌日の9月26日(木)21時~ GYAOにて本編が配信されます。

ぜひとも番組を見逃さないようチェックしておきましょう!

それでは最後までおつきあいいただきありがとうございます!

Pocket

スポンサーリンク