プロデュースX101(11話)第3回順位発表!デビュー評価のメンバーは?

KPOP
Pocket

Sponsored Link

プロデュースX101(10話)ではコンセプト評価の順位結果が発表されましたね。

プロデュースX101(11話) では第3回順位発表式が行われ、20人の生存者の発表があります。

第3回順位発表式で生存ラインに入ることができた練習生は、最後の評価「デビュー評価」のステージに立つことができます。

それには国民プロデューサーからどのぐらい投票数を獲得できたのかが生存ラインに入る決め手となります。

「コンセプト評価」ではチームランキング1位のチームや総合1位の練習生には思わぬベネフィットが加算されましたね。

このベネフィット加算による順位結果が次の第3回順位発表式での生存、脱落の明暗をわける重要な要ポイントとなります。

プロデュースX101(11話)第3回順位発表式の結果はどうだったのでしょう?

それではプロデュースX101(11話)放送の第3回順位発表式の順位結果についてまとめていきます。

Sponsored Link

プロデュースX101(11話) の予告動画公開!

こちらがプロデュースX101(11話) の最新の予告動画になります。

予告動画ではイドンウク先生が「台本を見てびっくりした。こんなことは初めてだと思う」と話しています。

どうも従来のプデュシリーズの生存ラインではないようです‥

だとしたら‥ 練習生同士で「21人まで生き残れるのか?」「X はないのかな?」と予想が飛び交っています。

最後に4人の練習生の映像が映し出されています。

果たしてファイナルステージに進める最後のひとりは誰なのでしょう?

イドンウク先生によって生存ラインは20位と発表されました。

プロデュースX101(11話)での放送予定

プロデュースX101(10話)ではコンセプト評価の順位結果が発表されました。

コンセプト評価の現場投票はすべてのステージが終わってから、一番良かったと思えるチームと練習生に各1票ずつの投票でした。

そこで投票の結果をみるとやはり人気の高い練習生に票が集まったように思います。

投票期間(プデュX(10話)放送後すぐの締切り)が短かったためにオンライン投票の結果がステージの評価に沿ったものであればよいのですが、どんな結果になるのか発表が待ちどおしいですね。

◆プロデュースX101(11話) では、第3回順位発表式だけではなく練習生による各イベントが予定されています。

<プロデュースX101(11話)でのイベント>

 ⚫ 第3回順位発表式

 ⚫ 運動会

 ⚫ メイクアップ講座

 ⚫ 私のココロの1pick

⚫運動会

運動会の司会はキムヨハンとチョスンヨンが担当しました。

運動会のチーム分けはコンセプト評価のチームメンバーで対決がはじまります。

■三角帽子で顔を隠した練習生がぐるぐる回ってから指につけたとんがりコーン(?)のお菓子を座ってまっている練習生に食べさせる競技です。

Monday to Sunday チームが1位になりました。

■ヘッドホンで耳を塞いだ練習生が相手の話す言葉を口の動きから読み取って「何を話しているか」当てるという伝言ゲームです。

話している言葉がなかなか読み取れず、伝えようとする練習生が必死になって何度も大きく口を開けて表情が変わっていくのがおもしろかったですね。

■一列にならんだろうそくの火をバットを降って風の力で消すゲームは思ったほどろうそくの火が消えず、みんな必死でバットを振ります。

結果はナムドヒョンが一番ろうそくの火を消すことができて、またもやMonday to Sunday チームの勝利。

トニーとカンヒョンスがバットでろうそくを折るというパワフルなスイングを見せていました⁉

最終的に総合優勝は Pretty Girl(イポイポ)チームでした!

⚫メイクアップ講座

メイクアップ講座ではシンニム先生が「私にメイクしてもらいたい人?」という声に、チェビョンチャンが真っ先に手を挙げてメイクしてもらっています。

キムヨハンがファンデのパフを顔と首に叩きつけていて、それをみたソンヒョンジュンが「痛そうといっています。

一番笑いを誘ったのはチョスンヨンとパクソノのペアでした。

「どこかへいってシン先生にメイク習ったって言わないでね!」という先生にパクソノが「ちゃんとやりました!」と返事しているのがおかしかったですね。

⚫ 私のココロの1pick

こちらではプロデュースX101(11話) で放送される固定のpickランキング(私のココロの1pick)について発表します。

練習生同士で互いに選んだお気に入りの練習生のランキングになります。

 1位 ファンユンソン
 2位 チョスンヨン
 3位 キムミンギュ
 4位 ハンスンウ
 5位 イウンサン
 6位 ソンドンピョ
 7位 チャジュノ

プロデュースX101(11話)
第3回順位発表式の考察

プロデュースX101(11話)第3回順位発表式の順位について考察してみたいと思います。

プロデュースX101(10話」放送では、最新順位の投票数だけが発表され、現時点での最終順位がわからないので第2回順位発表式の順位を参照したいと思います。

プロデュースX101(8話)の第2回順位発表式の1位~30位をもう一度振り返ってみます。

*プロデュースX101(10話)でベネフィット票を獲得した練習生の名前を赤文字で表示しています。

このようにベネフィットを獲得した練習生はすべて1位~20位の枠のなかに入っています。

第2回順位発表式で1位~10位の練習生は順位の変動はあっても生存ラインに入るのは間違いないと思われます。

ベネフィットで1番多く票を獲得したのは、キムヨハンです。コンセプト評価でも総合1位を獲得しているので、1位か2位に入ってくるでしょう。

11位~20位の生存ラインに入っている練習生のなかでも、コンセプト評価の獲得票が低い練習生も次の第3回順位発表式で生存できるかどうかが気がかりですね。

そうなると、20位~30位のベネフィットを獲得できなかった練習生は生存ラインに入るのは厳しいといえます。

ただ投票の仕方が11人から2pick 制になりましたので、国民プロデューサーがお気に入りの1pick 選んで、後の1pick は牽制するため、順位の低い練習生を選ぶ可能性がありますので、予想外の順位結果がでるかもしれません。

18位~22位は僅差になりますので、どのような結果がでるのか練習生も祈るような気持ちでしょう。

(注)↓↓こちらは◆第2回順位発表式の1位~30位の練習生です(参考のため表示)

 
👑1位 キムウソク172万8930票)

 2位 イジニョク(148万425票) 
   3位 キムヨハン(145万8183票) 
 4位 ソンヒョンジュン
                   
(141万8328票) 

 5位 クジョンモ 
                      (133万4726票) 

 6位 イウンサン
                     (131万3074票) 

   7位 ナムドヒョン
                     (126万5468票)
 8位 イジヌ(125万9112票)
   9位 ハンスンウ(124万8496票)
  10位 キムミンギュ
                    (123万8668票)

 

 


 11位 ソンドンピョ
(104万9918票)
 12位 ソンユビン
101万5134票) 
 13位 チャジュノ(101万1352票)
 14位 ハムウォンジン
         (94万2284票) 
 15位 イハンギョル(92万8085票)
 16位 チェビョンチャン
                    (88万8115票)
 17位 チョスンヨン (75万4435票)
 18位 ファンユンソン
                    (68万9778票) 
 19位 クムドンヒョン
                     (68万687票) 
 20位 カンヒョンス(66万757票)

 21位 イセジン (63万2247票)
 22位 キムグクホン(60万4095票) 
 23位 カンミニ(56万4822票)
 24位 キムシフン (45万6615票)
 25位 キムヒョンビン(43万2101票)
 26位 イ ヒョプ(41万8222票)
 27位 トニー (41万110票)
 28位 パクソノ (39万7067票) 
 29位 チェスファン(36万3605票)
 30位 チュチャンウク(35万7875票)

 

◆(10話)コンセプト評価の順位ランキング(ベネフィットあり)

 
 1位 キムヨハン(17万2000票)
 2位 チョスンヨン(7万2500票)
 3位 ナムドヒョン(5万5000票)
 4位 ソンヒョンジュン
      (5万500票)
 5位 キムウソク(2万115票)
 6位 イウンサン(2万95票)
 7位 ハンスンウ(2万91票)
 8位 ファンユンソン
      (2万36票)
 9位 チャジュノ(2万31票)
 10位 クムドンヒョン
      (1万5500票)

 

*前回のプデュシリーズでは放出された練習生が順位がランクアップするケースがありましたが、今回はどの練習生がランクアップするのか注目したいと思います。

プロデュースX101(11話)
第3回順位発表式の順位結果!
生存者は?

1位~10位の生存者

こちらが、プロデュースX101(11話)第3回順位発表式の結果、発表された1位~10位の生存者になります。

👑1位 キムヨハン ▲2
    (58万2503票)
 2位 キムウソク ↓1  
    (45万4744票)
 3位 イジニョク ↓1 
    (35万1174票)
 4位 ハンスンウ ▲5
    (32万9581票)
 5位 キムミンギュ ▲5
    (29万944票)
 6位 チョ スンヨン ▲11
    (28万1580票)
 7位 ナムドヒョン  ー
    (27万2795票)
 8位 ソンヒョンジュン ↓
    (24万8218票)
 9位 イウンサン ↓
    (23万716票)
  10位 クムドンヒョン ▲9
    (18万7264票)

チョスンヨンが17位→6位と大幅にランクアップしてデビュー圏内にランクインしました。

ハンスンウも9位→4位と着実にランクアップし、上位ランクに上がってきました。

11位~20位の生存者

こちらが、プロデュースX101(11話)第3回順位発表式の結果、発表された11位~20位の生存者になります。

 11位 チャジュノ ▲2
    (18万1445票)
 12位 ソンドンピョ ↓
    (17万8034票)
 13位   ファンユンソン ▲5
    (17万3360票)
 14位 カンミ二 ▲9
    (17万3169票)
 15位 クジョンモ ↓10
    (17万2337票)
 16位 イハンギョル ↓
    (17万2067票)
 17位 ソンユビン ↓
    (15万2724票)
 18位 ハムウォンジン ↓
    (14万8789票)
 19位 トニー  
    (12万7231票)
 20位 イセジン ▲1
    (12万5530票)

トニーが前回の順位27位から19位と8ランクアップして20位以内に入りました。

トニーはコンセプト評価でベネフィットがなかったので生存ラインに入るのは厳しいと思っていましたが、コンセプト評価のパフォーマンスが好印象で投票数を集めたようです。

また、カンミ二も前回23位から14位と9ランクアップしました。コンセプト評価でカンミニのボーカルが安定していて素晴らしかったですね。

 

プロデュースX101(11話)
第3回順位発表式の順位結果!
脱落者は?

こちらがプロデュースX101(11話)第3回順位発表式で発表された21位~31位の脱落者になります。

 21位 キムグクホン ↓
 22位 イジヌ ↓14
    (11万1882票)
 23位 キムドンユン ▲8
             (9万6480票)
   24位 イヒョプ ▲2
 25位 パクソノ ▲3
 26位 カンヒョンス ↓
 27位 キムシフン ↓
 28位 チェスファン ▲1
 29位 チュチャンウク ▲1   
 30位 キムヒョンビン ↓

キムグクホンは惜しくも脱落してしまい、同じグループのソンユビンが一番悲しんでいました。

キムグクホンは自分のことよりソンユビンのことを心配していてデビューできるからと励ましの言葉を贈っていました。

そして予期していなかったイジヌの脱落には練習生のみんなが驚いていました。

10位→19位→14位→12位→4位→8位→22位と今回14ランクダウンしてしまいました。

本人も信じられなかったようで「こんなことになるなら‥」と涙声で言いつつも「幸せでなかった日なんて1日もなくて全ての日々が幸せだった」とコメントをしていました。

イジヌはまだ16歳と若いので、これからまだチャンスは巡ってくると思うので落胆せずに前向きに進んでいってほしいですね。

歌声やパフォーマンスも素晴らしかったキムシフンですが、獲得票が伸びず脱落となりました。

実力があるのでもう一度挑戦をしてほしいですね。

*21位~30位の脱落してしまった練習生は、わずかの差で生存ラインに届かなくて残念でした。

チャンスは今回のオーディションだけではないので諦めずに新たな挑戦を続けてほしいと思います。

プロデュースX101(11話)
デビュー評価は?

第3回順位発表式が終了すると最終評価のデビュー評価になります。

第3回順位発表式の後すぐにデビュー評価の課題曲の発表とチーム分けが行われます。

デビュー評価の課題曲はプデュシーズン2とプデュ48のときと同じ2曲になります

デビュー評価がプロデュースX101で行われる最後の現場評価になりますが、デビュー評価からは投票は1pickに変更になります。

デビュー評価の方法

<デビュー評価のチーム分けのやり方>

順位が下位の練習生から、希望する課題曲とパートを選んでいきます。

ところが、順位が上位の練習生が有利に選択できるので、自分がやりたい曲のパートが自分より下位の練習生が先に選んでいても、その練習生を他へ動かして自分がその曲を選ぶことができます。

その結果、順位が下位の練習生は、苦手な曲やパートに移動させられ自分の強みを発揮できないことになります。

課題曲を担当するチームメンバーのバランスもありますので、チーム内に苦手なパートを受け持つ練習生がいるとチームとしての評価に影響がでるのでよく考えてチーム内のメンバーが揃うようにしなければなりません。

◆チームのセンターはメンバー全員の投票で決定し、最終回のステージで発表になります。

 
*デビュー評価が最終の評価となるので、各チームのセンターは重要で注目される役割となります。
誰が選ばれるのか、今から楽しみに待ちたいと思います。

<デビュー評価:課題曲とチームメンバー>
 
⚫ デビュー評価の課題曲は2曲になります。
各チーム、それぞれのパートを決めて分担します。
 
⚫ デビュー評価の課題曲は「To My World」と「(소년미 」少年美」の2曲になります。
 
「To My World」のチームメンバー
 

 メインボーカル  チョスンヨン
 サブボーカル  ハンスンウ
 サブボ2  イウンサン
 サブボ3  キムミンギュ
 サブボ4  イセジン
 サブボ5  ファンユンソン
 サブボ6  チャジュノ
 ラッパー1  キムヨハン
 ラッパー2&リーダー  ソンヒョンジュン
 ラッパー3  クムドンヒョン
 
 
◆ (소년미)少年美のチームメンバー
 

 メインボーカル   ソンユビン
 サブボーカル1  キムウソク
 サブボ2  ハムウォンジン
 サブボ3  カンミ二
 サブボ4  トニー
 サブボ5  クジョンモ
 サブボ6  イハンギョル
 ラッパー1&リーダー  イジニョク
 ラッパー2  ナムドヒョン
 ラッパー3  ソンドンピョ
 
プロデュースX101(12話)では生放送で、7月19日(金)20:00~に放送時間が変更になりますので間違いのないようにご視聴ください。
 
最終回での投票(前回のルールを起用した場合)
 
最終回(12話)では、放送中に通常の投票とは別にメールでの投票を受け付けています。
*(日本からのメール投票は受け付けていません)
 
⚫ 1人1pick で1票 X 7倍
 
この生放送中の投票数で順位の変動があり、おもわぬ順位ランキングとなる可能性があります。
 
本当に最後までなにがあるかわからないのが、生放送中のメール投票です。
 
1票 X 7倍 というのが大きいですね。
 
*このメール投票がだれに集中するのか、やっぱり人気のある練習生に集まりそうですが‥
 
Mnet では、最後まで予想を裏切る仕掛けが用意されているので順位結果が発表されるまで安心できませんね。
 
*詳細がわかりましたら追記していきます。

ま と め

「プロデュースX101(11話)第3回順位発表!デビュー評価のメンバーは?」と題してお伝えしてきました。

プロデュースX101(11話)では、第3回順位発表式が終了するとともに、デビュー評価の課題曲の発表とチーム分けがあるので、生存した練習生も慌ただしく最終評価を迎えることとなります。

第3回順位発表式で生存者が20人となり、いよいよ最終の「デビュー評価」へと舞台が移ることとなりました。

次回放送のプロデュースX101(12話)が最終回となりデビューメンバーが決定します。

プロデュースX101の放送もあと1回のみとなりましたが、最終回の結果がどうなるのか見守っていきたいと思います。

それでは最後までおつきあいいただいありがとうございました!

Pocket

スポンサーリンク