プロデュースX101の第1回順位発表(5話)で生存者と脱落者が決定!

KPOP
Pocket

Sponsored Link

Mnet「プロデュースX101」5話では初の順位発表式が行われます。

先週の放送では「No More Dream」のステージを披露した「P.T.S」チームが1位を獲得しました。

キムヒョンビンが、最多得票数を記録して1位にランクインしています。

グループ評価が終わると次に第1回目の順位発表式が行われます。

練習性が獲得した得票数(ベネフィット票がある場合は+ベネフィット票)+国民プロデューサーの投票数によって順位が決定します、

31日の午前で、キムヨハンとキムウソクのチッケム(個人動画)の再生回数がそれぞれ100万回を突破して、国民プロデューサーの関心の高さを示しています。

第1回順位発表式で、生存ラインがあるので、それによって生存者と脱落者が決定します。

生存ラインから上の練習生のみ、次の共演であるポジション評価のステージに進むことができます。

順位発表式では、脱落する練習生との別れもあるので、生存ラインを分けた結果発表は涙の発表式となってしまいます。

それでは、プロデュースX101第5話予告動画をみてみましょう。

映像では、練習生の不安な様子や涙を流す姿が映し出されています。

1位の候補は、キムヨハンとキムウソクの二人が画面に映っているので、二人のうち、どちらかではないでしょうか?(チッケムの再生回数が両者とも100万回を超えています)

練習生の誰が生存者となっても、あるいは脱落者となってもお互いに辛いものがありますね。

次に事務所別に練習性が順位発表式が行われるスタジオに集合します。

練習生は内心、不安や緊張を感じながらも、それぞれがユニークな登場パフォーマンスをして発表式を待っているようです。

Sponsored Link

プロデュースX101の第1回順位発表式について

国民プロデューサーのオンライン投票は5月25日(土)に締め切りになっています。

生存ラインは1位~60位の練習生で61位~99位の練習生が脱落します。

脱落した練習生はこれ以降、プロデュースX101のオーディション番組に参加することはできません。

順位発表式は全部で4回あるので、その都度、練習生の人数が減ることになります。

今後評価と順位発表が交互に行われます。

練習生が、合宿生活を通してお互い馴染んだ頃に生存ラインの発表により、練習生同士の別れの日が来ることになります。

練習生は、サバイバルオーディション番組の過酷さを味わうことになります。

練習生の家族や視聴者も不安を感じながら、順位発表式を見守ることになり、会場も緊迫した空気に包まれます。

プロデュースX101の第1回順位発表式までの経過

プロデュースX101の順位発表式までの経過を振り返ってみると、今までの順位発表で上位にランクしている練習生は順位にあまり変動がありません。

ベネフィットの加算票も影響がありますので、上位クラスでベネフィット票を獲得している練習生は生存する可能性が高いといえます。

練習生の獲得票にオンライン得票がどれぐらい集まるかによって順位の差がでてきます。

グループバトルが3話~4話で放送されたので、3話に放送されたチームのほうが投票期間が長いので、得票数で有利になる可能性があります。

TV番組で放送される練習生の映像量も個人差があり、多く放送される練習生のほうが有利となっています。

練習生の映像量もできるだけ公平に放送されるようにしてほしいですね。

それでは、お待たせしました。

プロデュースX101の第1回順位発表式の結果をまとめていきます。

プロデュースX101の第1回順位発表式の結果
1位~11位までの生存者

第1回順位発表式の全投票数は、なんと 20,374,193票と多くの投票がありました。

それでは、1位~11位までの生存者を発表します。🎊

👑 1位 キム・ヨハン
 2位 キム・ミンギュ 
 3位 ソン・ヒョンジュン
 4位 キム・ウソク
 5位 イ・ウンサン
 6位 ナム・ドヒョン
 7位 ソン・ドンピョ
 8位 ソン・ユビン
 9位 ク・ジョンモ
 10位  ハム・ウォンジン 
 11位  チャ・ジュノ 
 

プロデュースX101の第1回順位発表式の結果
12位~60位までの生存者

12位~60位までの生存者を発表します。🎊

 12位 イ・ジヌ
 13位 イ・セジン
 14位 パク・ソノ
 15位 ファン・ユンソン
 16位 キム・グクホン
   17位 クム・ドンヒョン
 18位 キム・シフン
 19位 チェ・ビョンチャン 
 20位 トニー
 21位 イ・ハンギョル
 22位 カン・ミニ
 23位 キム・ヒョンビン
 24位 チェ・スファン
 25位 イ・ジンヒョク 
 26位 キム・ドンビン 
 27位 イ・ユジン 
 28位 チョ・スンヨン
 29位 ユリ 77票


   30位 ハン・スンウ
 31位 ユン・ジョンファン
 32位 キム・ドンユン
 33位 ハン・ギチャン
 34位 ウィ・ジャウォル 
 35位 カン・ソカ
 36位 イ・ミダム
 37位ホン・ソンジュン 
 38位 チュ・チャンウク 
 39位 チェ・ジュンソン 
 40位 カン・ヒョンス 
 41位 ムン・ヒョンビン
 42位 キム・ソンヒョン 
 43位 パク・ユンソル 
 44位 イ・ウォンジュン
 45位 ペク・ジン 
 46位 クォン・テウン 
 47位 キム・ミンソ
 48位 イ・テスン
 49位 イ・ヒョプ
 50位 イ・ウジン


 51位 ムン・ジュノ
 52位 ナム・ドンヒョン
 53位クォン・ヒジュン
 54位 ワン・グノ
 55位 ウ・ジェウォン
 56位 ヒダカ マヒロ 
 57位 ウォン・ヒョク 
 58位 ピク 
 59位 キム・ソンヨン
 60位 ジュン・ジェフン

前回、99位だった ウォン・ヒョクが奇跡の快進撃です!

ヒダカマヒロが56位、ピクが58位と生存ラインより上に入りました。🎊

カン・ヒョンスもお父さんが心配そうでしたが、応援のかいあって、69位から40位へと飛躍的にランクアップしました。

カンヒョンスも思わず涙を流して感極まった様子です。

「お父さんにあんなことはさせたくない」とカン・ヒョンスが話していたのが印象的でした。(カン・ヒョンスのお父さんは、街でカン・ヒョンスのカードなどを配っていたそうです)

 

プロデュースX101の第1回順位発表式の結果
61位~99位脱落者

ここでは、61位~99位までの脱落した練習生について順位を発表していきます。

 
    61位 アンザルディ・ティモシー
    62位 キム・ジンゴン 
    63位 イ・ハミン
  64位 チョン・ヒョヌ
  65位 キム・ヨンサン
    66位ビョン・ソンテ
    67位 イ・ファン 
  68位 チョン・ヨンビン
    69位 オ・セボム

 70位 ユ・ゴンミン
 71位 チョン・ミョンフン
 72位 スティーブン・キム
 73位 ソン・チャンハ
 74位 チェ・ジナ
 75位 イ・ジュニョク
 76位 イ・ギュヒョン
 77位 ウォン・ヒョンシク
 78位 チェ・ガホ
 79位 チェ・シヒョク
 80位 キム・グァヌ
 
 81位パク・ジニォル 
 82位 キム・ミンソ
 83位 ホ・ジノ
 84位 ファン・グムリュル
 85位 ホン・ソンヒョン
 86位 ユ・ソンジュン 
 87位 ソン・ミンソ
 88位 イ・サンホ
 89位 キム・スンファン
 90位 キム・ヒョンミン
 91位 ウエハラジュン
 92位 ユン・ミングク
 93位 パク・シオン
 94位 キム・ジュンジェ
 95位 イ・ジェビン
 96位 ユン・ヒョンジョ
 97位 イム・ダフン 
 98位 チョ・ビョンフン
   99位 キム・ドンギュ

残念ながら、ウエハラジュンは、91位で、生存ラインより上には入れませんでした。

ここで脱落となった練習生は次回以降「プロデュースX101」のオーディション番組には出演できなくなります。

5話では、同じ事務所でありながら勝敗の結果、生存者と脱落者として別れるシーンがあり、涙を誘います。

デビュー目指して共にレッスンに明け暮れた毎日が明日への夢につながっていってほしいですね。

ここまで、1位~60位までの生存者と61位~99位までの脱落者についてまとめています。

続いて、ビジュアルセンターの順位発表を行います。

プロデュースX101の5話で
ビジュアルセンター発表

プロデュースX101の5話で放送されるビジュアルセンターの順位は、練習生のなかで一番ビジュアル度の高いイケメン男子を選びます。

ビジュアルセンターの投票は練習生で行います。

ビジュアルセンター投票の映像を見てみましょう。

どうも、キムウソクとキムミンギュではないかと練習生が話していますね。

結果はどうだったのでしょう?

それでは、ビジュアルセンターに選ばれた練習生を発表します。

 1位 キム・ミンギュ
 2位 キム・ウソク
 3位 キム・ヨハン
 4位 チャ・ジュノ
 5位 ク・ジョンモ
 6位 チェ・ビョンチャン
 7位 ソンヒョンジュン
 8位 イ・ウンサン
 9位 ペク・ジン
 10位 ファン・ユンソン
 11位 ユリ

やはり、ビジュアルセンターで上位にランクインした練習生は、予想通りのイケメン男子でした。

男子が選ぶイケメンも女子が選ぶ基準と同じような結果がでているので、誰もが認めるビジュアルセンターといえますね。

1回目の順位発表式が終わると、ここで生存者と脱落者のお別れのシーンになります。

今日まで一緒に厳しいレッスンを共にしてきた練習生たちには、仲間のような絆ができていたにちがいありません。

みんなお互いに抱き合って涙を流しながら、お別れをしています。

イ ドンウク先生も順位の結果を発表しながらも、複雑な気持ちだったようです。

いつかまたステージの上で再会できると信じてお互いに励ましあっている様子にはついホロリとさせられます。

来週の放送では、グループ評価の次にポジション評価が行われることになります。

ラップやダンス、ボーカルと他の2つのポジションの合計5つのポジションで評価されることになります。

ポジション評価の課題曲が発表される予告動画があります。

 

ポジション評価は、1回目の順位発表式の順位がかなり影響してくるので、狙ったポジションと課題曲が選べるとは限りません。

来週のポジション評価では、個人のボーカルやラップ、ダンスのスキルが評価されるので、練習生も真剣勝負になってくるでしょう。

順位争いも中盤を迎え、これから審査陣による個人評価の行方が気になりますね。

練習生それぞれが得意なジャンルで、どこまで評価を伸ばせるかが勝敗のポイントになるでしょう。

ま と め

「プロデュースX101の第1回順位式発表(5話)で生存者と脱落者が決定!」と題してお伝えしてきました。

プロデュースx101の5話では順位発表式が行われましたが、グループバトルでの得票数と国民プロデューサーのオンライン投票による合計で生存者が決定しました。

61位以下の脱落者は残念ながら、これ以上オーディションでの評価を受けることできません。

練習生の人数が減って寂しいですが、脱落メンバーは、新たなオーディションを受けるためにレッスンに励むことになるでしょう。

夢をかなえるため、次のチャンスに向かってもう一度チャレンジしてほしいですね。

プロデュースx101の第6話では、新たにポジション評価のステージでバトルが繰り広げられます。

来週の6話では、どのようなステージが繰り広げられるのか、楽しみですね!

それでは最後までおつきあいいただきありがとうございました!

こちらの記事もよく読まれています。

プロデュースx101(6話)のポジション評価の順位と動画まとめ

Pocket

スポンサーリンク