プロデュースX101の3話クラス分けとグループバトル評価と順位変動は?

KPOP
Pocket

Sponsored Link

プロデュースX101の2話放送では、審査陣による練習生のクラス分けの評価が気になるところでしたね。

5月17日(金)放送「プロデュース X 101」第3話では練習生のクラス分けの再評価がおこなわれました。

各自、タイトル曲の 「_지마 (X1-MA)ジマ」のパフォーマンス映像を撮り、それを見て審査陣が再評価してクラス分けの評価をしていきます。

その次に評価されるグループバトルに向けての練習の様子と1部のグループバトルの映像が公開されました。

毎週、グループバトル評価のチーム編成や評価の結果を順次お知らせしていきます。

Sponsored Link

プロデュースX101の3話クラス分けと最新の順位

プロデュースX101の第3話ですべての練習生のクラス分けが発表されました。

クラス分け評価

プロデュースX101の3話でのクラス分けも順位がかなり変動しています。

ソン・ドンピョ B→A
キム・シフン  B→A
キム・ウソク B→A
イ・ジンヒョク B→ A
イ・ジュニョク C→A
パク・ユンソル C→A
ハム・ウォンジン D→A
キム・ヒョンビン D→A
ムン・ヒョンビン D→A
ユン・ジョンファン A→B
イ・ハミン A→B
ウ・ジェウォン A→B
ユン・ミングク D→B

キム・ヨハン A→C
イ・ウンサン A→C
ハン・ギチャン X→C
ウエハラ・ジュン D→C
ナム・ドヒョン A→D
キム・ミンギュ X→D
イ・ハンギョル C→D
ソン・ヒョンジュンX→D

イ・ユジンX→F

第3話でのクラス分けでは、なぜかFクラスが追加されて、Xクラスは、イ・サンホのみとなりました。

クラス編成では、順位移動がかなりの確率でありましたので、上位クラスへレベルアップした練習生もいれば、

ランクダウンした練習生もいてこの先の展開もどうなるのか予測できません。

すべての練習生のクラスの情報が明確になり次第追記していきます。

練習生の最新順位

第3話での練習生の順位を1位~30位までまとめています。

 1位  キム・ヨハン    
 2位 キム・ミンギュ     
 3位  イ・ウンサン    
 4位 ソン・ヒョンジュン   
 5位  ナム・ドヒョン   
 6位 キム・ウソク              
 7位  ソン・ドンピョ    
 8位  ソン・ユビン      
 9位 ク・ジョンモ  
 10位  パク・ソノ      
 11位 チャ・ジュノ 
 12位 ハム・ウォンジン
 13位 イ・セジン 
 14位 イ・ジヌ
 15位 キム・グクホン
 16位 イ・ユジン
 17位 キム・ドンビン
 18位 カン・ミニ
 19位 キム・シフン
 20位 チェ・ビョンチャン
 
21位 トニー
 22位 ファン・ユンソン
 23位 ユン・ジョンファン
 24位 チェ・スファン
 
25位 ハン・ギチャン
 
26位 キム・ドンユン
 27位 ユリ
 28位 イ・ハンギョル
 
29位 キム・ヒョンビン
 30位 クム・ドンヒョン

練習生の順位には変動があり、前回56位だった チェ・スファンが今回24位と急上昇しています。

「プロデュース X 101」第3話では、各練習生の再評価の結果発表に続いて次の評価となるグループバトル評価のレッスンの様子とステージでのバトルが一部繰り広げられます。

次にトレーナー陣による再評価を受ける練習生の様子や第4話に続く予告動画です。

第3話が始まる前から、課題曲とグループメンバーの発表がありましたので、みなさんもどんなバトルになるか、ワクワクしながら待ちかねていたと思いますが、今回の放送では1ステージのみの結果発表でした。

残りのバトルの様子が放映されるのは4話に持ち越しになりましたね。

翌週に放映されるグループより先に放映されたグループのほうが投票率が伸びるので有利になりそうですね。来週のグループバトルがどうなるのか、気になるところです。

 

グループバトルの評価結果

グループバトルの課題曲は全部で16曲、バトルの結果8チームが勝者となります。

課題曲のリスト

  BTS       / No More Dream
                     血と汗と涙
 Wanna One  / Energtic
                 Light  
    EXO    / MAMA
                        LOVE SHOT
 MONSTAX   / DRAMARAMA
          Trespass
 GOT7    / Girls Girls Girls
           Lullaby
 NCT U        /  BOSS
          第7感
 NU’EST W  /  Dejavu
          Where You At
 Seventeen /   AdoreU
           CLAP   

今回は EXO の楽曲である MAMA と LOVE SHOTでの対決です。

まず最初にステージに上ったのが、EXO の MAMA のパフォーマンスを演じたハン・ギチャン率いるチームです。

 (合計 327点)
 ファン・ユンソン(99点)
 ユンソビン(62点)
 カン・ミニ(56点)
 ハン・ギチャン(48点)
 カン・ソカ(30点)
 トニー(24点)
 ヒダカ・マヒロ(8点)
 

ステージには、降板する前のユン・ソビンの映像が流れていますが、高得点の評価を受けながら、自身の不祥事により、再びステージに登ることはかないませんでした。

ハン・ギチャンは固い表情でしたが、素晴らしいパフォーマンスを演じて健闘しましたが、残念ながら敗れてしまいました。

国民プロデューサーによるグループバトル評価は放送時に収録を終えているようです。

今回は「プロデュース X 101]の順位変動が大きいので、デビュー候補生であっても放送が後になると、上位ランクの確保ができない可能性があります。!

EXOの LOVE SHOT のパフォーマンスを演じたのはキム・シフンがリーダーのチームです。

赤いスーツを着て華麗に踊っていた、キム・ウソクが勝利を引き寄せた‥って感じ!

キム・シフンも、イ・ハンギョルもダンスうまいし、存在感バツグン!

バトルの結果は、EXO の LOVE SHOT のパフォーマンスを演じたキム・シフン率いるチームの勝利です。

キム・ウソクが高い評価を受けて勝利に貢献しましたね。

 (合計 517点)
 キム・ウソク (210点)
 イ・セジン(87点)
 チョ・スンヨン(77点)
 イ・ハンギョル(53点)
 クム・ドンヒョン(50点)
 キム・シフン(35点)
 ホン・ソンジュン(5点)
 

グループバトルは、BTS の NO MORE DREAM のパフォーマンス動画が放映され、続きは4話へと持ち越されます。

来週は、同じくBTSの人気曲「血、汗、涙」でパフォーマンスを演じるチームとの対決が待っています。

どちらが高い評価を受けるのでしょう? 楽しみですね!

そして、ソン・ドンピョ率いるアベンジャーズチームの課題曲 NCT U の「BOSS]とキム・ドンビン率いる「第7感」でのバトルの結果も気になるところです。

グループバトルの結果、勝利したグループには、ベネフィットとしてボーナスの3000票が加算されるそうです。

そしてそのグループのなかで国民プロデューサーからの投票数が1番多かった練習生に、得票数x10という得点が追加されるようです。

グループバトルで勝利することがデビューへの鍵を握っているといえますね。

ぜひこのチャンスに勝者となってベネフィットの加算票を勝ち取りたいですね。

プロデュースX101の4話の予告動画

そしてこちらは、第4話の予告動画になります。

最初に登場する BTS の 血・汗・涙 のパフォーマンス、メチャクチャかっこいい!

個人的には、NCT U の BOSS のパフォーマンスを演じる、ソン・ドンピョ率いる最強アベンジャーズチームが気になっています!

各チーム共、メイクや衣装にも凝っていて、ステージ上の彼らをみていると、すぐにでもデビューできるんじゃ‥なんて、甘い錯覚を起こしてしまいそうです。

これは、もう来週の第4話放送が楽しみで待ちきれませんね!

それでは、来週の気になるイケメンボーイズたちの5ショットで悩殺~‼

キム・ミンギュ

ソン・ヒョンジュン

イ・ジヌ

キム・ヨハン

ソン・ドンピョ

みんな、すごいメイクばっちりで、ソン・ドンピョは、眼帯してパフォーマンスできるのかな⁉

いろいろ気になるけど、もう動画と画像みただけで、実物見れないのが本当に残念です!

来週のステージをみんなで心待ちにしましょう!

 

ま と め

「プロデュースX101の3話クラス分けとグループバトル評価と順位変動は?」と題してお伝えしてきました。

プロデュースX101の3話において、課題曲「_지마 (X1-MA)ジマ」のパフォーマンス映像ですべての練習生のクラスが確定しました。

第3話ではグループバトル評価のグループ決定のシーンやバトルのステージが一部公開されました。

引き続き、4話でもグループバトル評価の舞台が待ちうけています。

各チームがレッスンを重ねた結果、どんなステージが繰り広げられるのか、ワクワクしますね。

どのチームも素晴らしいパフォーマンスを演じてくれることを信じて応援しましょう!

それでは最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

Pocket

スポンサーリンク