スーパーやネットショップで買いすぎるのは買い物依存症?原因と対策をチェック!

生活
Pocket

Sponsored Link

私たちは普段スーパーやコンビニなどで買い物をしていますが身の周りに購買意欲をかきたてるものがたくさんあることに気づいておられるでしょうか?

身近なところでは新聞広告、DMがありますがその他訪問セールス、テレビやネットショッピングとあらゆる広告媒体が身近にあります。

知らず知らずのうちにいろんな媒体を通して必要以上の物を買っていませんか?

私たちが本当に欲しい商品やサービスを求めていてもあまり必要のない物を買ってしまうのはなぜでしょうか?

買い物依存症とまではいかなくても予備軍になっていく可能性や原因と対策について書いてみました。

Sponsored Link

なぜ必要のない物を買ってしまうのか?

私たちは飲み物やスナック菓子が欲しいとき近くのコンビニですぐに買うことができますね。テレビショッピングやネットで電話やクリックするだけで部屋に居ながらいとも簡単に物を手に入れることができるようになりました。

スマホを常に携帯し最新の情報をチェックするのが現代人の習慣の一つになっています。

家にいながら商品を買えるという手軽さがつい必要のないものまで買ってしまうことを助長しています。

電子マネーやクレジットカードで買い物をすると財布から直接支払いをしないのでお金をどれぐらい使ったという感覚が身につかなくなっています。食品でも家電製品でも生産者から私たちのところに渡るまでたくさんの人手や流通を通っています。お店にたくさん商品が並んでいるのが普通になり、すぐに欲しい物が手にはいることが無駄買いにつながっているといえます。

私が子供の頃は周りにこれほどたくさんのお店はありませんでした。それゆえ遠くにあるドーナツショップやケーキ屋さんに行くのがとても楽しみでした。しかし最近はお店がたくさんできて便利な反面、商品が店にあふれ明らかに過剰生産、供給過多になっているのではないでしょうか。

季節ごとに新商品が発売され人の目をひき、今のトレンドは何かと情報を集めて欲しい物を買うことに情熱をもやす。広告戦略にのってどんどん買い物をすれば経済的に困窮していくことは間違いないでしょう。

ではどうすれば買い物にたいする物欲や衝動をコントロールできるのでしょうか?

買い物は生活必需品を優先する

お金さえあれば簡単に欲しいものが手にはいることで買い物自体が好きだという人も多いとおもいます。欲しかったものをお金を貯めて買う喜びは捨てがたいものです。そこで無駄遣いをなくすために買い物に優先順位をつけましょう。楽しみより生活必需品を先に確保するという概念を持ちましょう。そうすることで冷静に買い物ができるようになります。

明日もあさってもお店やネット上にある商品なら慌てて買わずに、しばらく検討して急いで買う必要がないとかんじたら買わない選択をしましょう。

アイデア商品も便利ですが今ある物で代用できないか、すぐに飽きて使わなくならないか、かんがえてみましょう。

クレジットカードはお金を使っている感覚が薄れやすいのでネットでの決済や高額な商品を買うときに使用します。普段の買い物は財布から現金払いをすることでいくら使ったという感覚が身につきます。買い物をしたときのレシートをとっておいて商品を衝動買いしていないかを常にチェックしましょう。

買い物にかける時間やお金を他のものに使うことを考えてみる

すぐに必要な物がないのに買い物に行きたくなったり買い物を我慢してイライラしたら要注意です。
買い物癖がある人は新聞広告やカタログを見るとつい買いに行きたくなります。買い物に行く前に広告の中に必要な物があるかを確認して今日必要でなかったら買い物は次の機会にしましょう。食品だったら2.3日買い物に行かずに冷蔵庫にあるものや缶詰・レトルト食品を活用してみましょう。

買い物をお休みした日は冷蔵庫の整理やDMと必要な郵便物の仕分けなど要らないものを処分する時間にあてましょう。冷蔵庫や戸棚をスッキリさせることで何が必要かわかりやすくなり無駄な物を買わなくなります。また買い物しなかった日は使わずにすんだ金額分を貯金箱に入れます。少しずつ貯金することで必要な物を買ったり旅行などの費用にあてることができます。

できれば買い物をお休みする日を設けてどれぐらい買い物をせずに過ごせるか試してみるのもよいとおもいます。

まとめ

私たちは普段お店やネットショップ・新聞やテレビなどの広告媒体を通じて必要な物を買っています。ネットの普及により簡単に素早く欲しい商品を手に入れることができるようになりました。

余計な買い物を減らすにはできるだけクレジットカードを使わずに現金で買い物をして商品とお金という価値を交換している自覚を持ちましょう。

世の中の流通の仕組みを知り、必要な物だけ買うことで時間とお金をうまく使えるようになります。

Pocket

スポンサーリンク