果糖ぶどう糖液糖が肥満の原因になる?清涼飲料水や調味料の摂りすぎがコワい理由

健康
Pocket

Sponsored Link

清涼飲料水のラベルに必ずといっていいほど表示されている ”果糖ぶどう糖液糖”。皆さんも一度は目にされたことがあるのではないでしょうか。

私は ”果糖ぶどう糖液糖” の表示を見ていて ”果糖” という言葉から果物からできた糖分だから砂糖よりも体にいいのでは…と勝手な解釈をしていました。

……ところが、この ’’果糖ぶどう糖液糖” という名の一見響きの悪くなさそうな成分が実は今問題になっている ”肥満” の対敵らしいのです。

肥満や糖尿病の原因となっているのでは無意識に体に摂りいれて後悔したくありませんよね。

”果糖ぶどう糖液糖” が私たちの体にどんな作用を及ぼすのか調べてみたいとおもいます。

Sponsored Link

果糖ぶどう糖液糖とは何なのか?

果糖ぶどう糖液糖はでん粉をアミラーゼ等の酵素または酸により加水分解して得られた主としてぶどう糖からなる糖液を異性化したぶどう糖又は果糖を主成分とする液状の糖です。

こうした化学物質は異性化糖とよばれています。

ぶどう糖果糖液糖・果糖が50%未満

果糖ぶどう糖液糖・果糖が50~90%未満

高果糖液糖・・・・果糖が90%以上

果糖に異性化する割合によって表示される名前が違います。

果糖ぶどう糖液糖は砂糖よりも安価に使用できますが、ぶどう糖よりも吸収が早いので中性脂肪になりやすいというデメリットがあります。満腹感が得られにくく過食の傾向があります。そして原材料であるトウモロコシはアメリカ産の遺伝子組み換えトウモロコシであるといわれています。

この遺伝子組み換え食品を摂取し続けるとガンやアレルギー、不妊症などの病気にかかりやすくなる危険性があるといわれています。

清涼飲料水を飲み過ぎると肥満や糖尿病の原因になる

私は疲れたときに甘いチョコやジュースをよく摂っていたのですが、逆に疲れる原因になっていたことを知りました。甘い物を食べると血糖値が上がって ”インシュリン” が過剰に働いて血糖値が下がりすぎることがあります。この血糖値の乱高下で体がだるくなって疲れをかんじたり眠くなったりするのです。空腹時の血糖値が正常でも食後血糖値が高いのは危険で ”血糖値サージ” といわれ ”糖尿病予備軍” になるといわれています。糖分の摂りすぎがじわじわと私たちの体を蝕んでいるんですね。

この ‘’果糖ブドウ糖液糖’’ は清涼飲料水以外にもヨーグルトやアイスクリーム、鍋つゆの素、焼肉のたれなどにも使用されています。甘みのあるものには幅広く使われているようです。

私が好きでよく食べている昆布の佃煮にも残念ながら ‘’果糖ブドウ糖液糖’’ が使われていました。これほど私たちの食生活に浸透しているのなら ‘’このままの食生活を送っていたら自然と病気になってしまうな…’’ と危機感を覚えました。

調味料やごはんの友にも ‘’果糖ぶどう糖液糖’’ が使われているのなら全部排除することはできません。

食品や調味料を買ったときに ‘’食品成分’’ を見て ‘’果糖ぶどう糖液糖’’ がはいっているものはできるだけ摂らないよう使用頻度を減らすしかありません。

お店にいくとペットボトルに入った色とりどりのジュースが売られていますが飲むと体の中でどんな作用を及ぼすか知ってしまうと飲むのが怖くなりますね。

ジュースなどの清涼飲料水を水やお茶、甘くない飲み物に替える

肥満や糖尿病になりたくなかったらジュースを飲むのをやめて、水やお茶、甘くない飲み物を探して飲むしかありません。

私は体が疲れたり病気になるのが嫌なのでできるだけ ‘’清涼飲料水’’ を飲まないようにしようとおもいます。

できることから健康を害する要素のあるものを避けていきたいですね。

まとめ

お店にたくさん並べられているおなじみの清涼飲料水。おいしくて飲みやすい、しかも簡単に持ち運びできる甘ウマな飲み物なんですが、実は体によくないことがわかりました。

皆さんの食生活の中でよく飲まれているものが肥満や糖尿病の原因だと知ってもすぐにやめることはなかなかできないですね。飲む量を減らして水やお茶など甘くない飲み物を選んで健康を心がけましょう。

Pocket

スポンサーリンク