ゆたぼんの父親の過去の経歴と姉や家族についても調査!

You tuber
Pocket

Sponsored Link
Sponsored Link

みなさんは「ゆたぼん」というYou tuber の名前を聞いたことがありますか?

ゆたぼんは「少年革命家」不登校 You tuberゆたぼんとして名乗り動画を配信していました。ところがYou tube の動画が炎上していて話題となり物議を醸し出しています。

不登校を肯定していて「不登校は不幸ではない」という発言や「学校にいかなくていい」というゆたぼんの発言に対して賛否両論の声がネット上に溢れています。
そんなゆたぼんの不登校になったいきさつや父親の過去の経歴と姉や家族についてもみていきたいと思います。

Sponsored Link

ゆたぼんのプロフィール

 
 名前 中村逞珂(なかむら ゆたか)
 生年月日 2008年12月12日
 年齢 10才
 出身 大阪
 沖縄宜野湾市在住

ゆたぼんはなぜ不登校になったの?

ゆたぼんは、現在10歳ということで小学5年生ですが、なぜ不登校になってしまったのでしょう?

      

ゆたぼんは、大阪に住んでいた小3の1学期頃に、周りの子達が親のいうこと、先生のいうことをはいはい黙って聞いていて、ロボットに見えたようですね。

それがおかしいとおもって、宿題をやらなくなって先生に「やってきなさい」といわれて、やらなかったら居残りをさせられて、先生がゆたぼんのことをたたいてきたようです。

そのうえ、先生が「自分はたたいていない」と嘘をついたとのこと。

このことに関して両親は怒って先生に抗議したようですが、ゆたぼんは、自分をたたいたのに「たたいていない」といって嘘をついた先生に対して不信感をいだいたようです。

ゆたぼんのいうことが事実で先生が、ゆたぼんのことをたたいたのに「たたいていない」と嘘をついたのは許せないですね。

先生も職業柄とはいえ、自分のいうことを聞かずに逆らう生徒には押さえつけても言い聞かせようという教師としての権威を誇示したかったのではないでしょうか。

なぜ自我が目覚め始めた10歳の子供に時間をかけて納得させるような指導はできなかったのでしょうか?

残念ですね、先生の指導方法の是非が問われそうです。

このことがゆたぼんが不登校になったきっかけだとおもわれます。

父親の過去の経歴について

ゆたぼんの活動を応援しているという父親についてみていきましょう。

ゆたぼんの父親は心理カウンセラーで中村幸也 (なかむら ゆきや)といいます。

 中村 幸也(なかむら ゆきや)

大阪府茨木市に生まれる。中卒。元暴走族。
現在は心理カウンセラー、あきらめる生き方の専門家、禁煙カウンセラー。
中学時代はかなりのやんちゃ坊主。盗んだバイクでグランドを走りまわり、タバコを吸いながら廊下を堂々と歩く。
中学卒業後、すぐに就職し働き始めるが、3ヶ月で辞める。
のちに20回以上転職を繰り返す。
暴走族の副総長となる。恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・・etc
やんちゃ⇒「ワル」に
心が病におかされ“うつ”になるが地元を離れ、働きながら新たな自分を見出す。
地元を離れ、家族や友人すべてと連絡を絶ち、生まれて初めてただガムシャラに働き、独学で勉強して高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格する。
その後、自分の可能性を広げる為、会社を退職しパソコンのスキルを身につけ、営業の仕事を始める。
営業の仕事をしながら独学で心理学とカウンセリングを学び、のちに日本メンタルヘルス協会の衛藤信之先生と出会う。
2010年、本格的に心理学とカウンセリングを学び心理カウンセラーとなる。以後、人の心を癒すことを使命とする。「悩みの答えは必ずその人の心の中にある。誰だって幸せに生きていける」という言葉を信条に、カウンセリングを心がけている。

                                       (書籍刊行時の報告)

                参照元:http://www.810.co.jp/author/nakamura-yukiya.html

父親の中村幸也は現在心理カウンセラーとして書籍を出版したり、ゆたぼんと一緒に講演会に出席したりと勢力的に活動しています。

ところが、過去には元暴走族の副総長で、恐喝、窃盗、傷害、麻薬、覚醒剤という破格の経歴の持ち主なんですね。

驚きました・・カウンセラーと名乗っているので、まさか過去にこのような不祥事を起こされているとは思いませんでした。

2010年頃、中村幸也は、日本メンタルヘルス協会の後藤信之氏という人に出会い、心理カウンセラーとして師事を仰いだようです。

現在は大検を取得して、自分自身の経験をもとにカウンセラーをして幅広く活躍されており、自身の本も出版されています。

そして中村幸也は発行するメールマガジンの紹介文でこのように綴っています。

「五人の子どもを育てながら従来の学校というシステムに疑問を感じ、子育てについてコラムで書いています」

この紹介文の内容から父親である中村幸也は”学校というシステムに疑問を感じている‥” と記しており、決して、ゆたぼん自身だけの言動ではなく、父親の教育方針が多分に影響していると考えられます。

ゆたぼんが「学校にいきたくない」といったときに父親の中村幸也は、「無理にいかなくてもいい」とゆたぼんの考えをうけいれたようですね。

自由に生きられる気楽さの裏側に本来得られる学校教育を受けられない損失がどれほど大きいものか、ゆたぼんも父親の中村幸也も気づいているのでしょうか。

Sponsored Link

姉や兄妹について

ゆたぼんは5人姉弟で姉が1人と3人の妹がいます。

姉は現在17歳であっちゃんという名でYou tuber として活動しています。

この画像は2018年6月頃のものですが、この頃は家族と生活せず、ヒッチハイクをして各地を移動したようです。若い女の子ですし。ヒッチハイクして旅をするのは恐くなかったんでしょうか。

あっちゃんは2018年の2月に姉弟で You tube の動画をアップしていますので、その後家族のもとを離れて

ヒッチハイクの旅にでたようですね。

あっちゃんは家族で沖縄へ引っ越す際に「行きたくない」とごねたようで、この頃から家族と一緒に暮らしてないようです。父親である幸也さんと折り合いが悪かったようですね。

次に、ゆたぼんの母親について見ていきたいと思います。

ゆたぼんの母親について

ゆたぼんの母親はきよみんという名で活動しています。

ゆたぼんの母親は、17歳で出産経験があり、今では5人のママです。

子供が小さいときは、育児や家事に仕事をしていて非常に多忙だったようです。

そんな、ゆたぼんの母親も、大阪から沖縄に移住してきてから名刺や広告のデザインを手がけるという夢を見つけました。

パソコンを使ってデザインを勉強するDTPデザイン学校を卒業して夢を叶えようと思っていたときに、自宅のパソコンが故障してしまったんですね。

どうしても自身の夢を叶えたいと思ったゆたぼんの母親は、夢を支援するサイト「polca」で、クラウドファンディングを募り、新しいパソコンを買うお金を支援してもらったようです。

ゆたぼんの父親の中村幸也もオフィシャルブログで、ゆたぼんの母親の夢を応援していて読者に支援金が集まるように呼びかけていたとのこと。

忙しいながらも自分の夢を叶えようとしたゆたぼんの母親ですが、ゆたぼんの不登校については特に応援しているわけではないようです。

なぜならゆたぼんは小さい頃、体が弱く病気がちだったそうで「元気で生きていてくれたらいい」と願ったそうで、子供の健康がまず一番で不登校のゆたぼんの様子を見守っているようなのです。

ゆたぼんは学校に全く行っていないわけではなく遠足や給食、図工の授業には参加しているとTVのインタビューで話していました。

ま と め

「ゆたぼんの父親の過去の経歴と姉や家族についても調査!」としてお伝えしてきました。

「天才少年革命家」などと呼ばれ注目を集めましたが、ゆたぼんや家族の言動についても世間の意見は分かれるところですね。

私はゆたぼんが全く学校へ行っていないのではなく多少とも行事や授業に参加していると知って、彼が学校で学べる機会を放棄したわけでないと少なからず、安堵しました。

今は好きな行事や授業だけ参加して自由を謳歌しているようですが、与えられたことをこなさなければ前に進むことができないことに気づいて、学校との接点を失くさずにそこに可能性を見出してほしいと願っています。

ゆたぼんが世間から非難されることなくまっすぐに成長していけるよう、見守っていきたいですね!

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました!

Pocket

スポンサーリンク